セミリタイア

【40代独身男性がセミリタイアを達成できた理由】無能に必要なことは覚悟である

2022年10月5日

『セミリタイアしたいけど無理』そんな声があります。

セミリタイアにはいくつかの壁が合って、その壁を乗り越えていかねばなりません。無能として生まれて、ツライ学生時代を送った私がセミリタイアへの壁を乗り越えられたのは自分でも不思議だ。

なぜ私のような無能が40代前半でセミリタイアできた理由を振り返ってみた。

  • セミリタイアへの意志が強かった
  • 明確にやりたいことがあった
  • 必要資金を貯めることができた
  • 失敗や後悔を受け入れる覚悟があった
  • 世間の目を気にせず肩書を捨てる覚悟があった
  • 独身であることを受け入れた

無能なりの努力をして、これらの壁を乗り越えたからだと思う。

      

セミリタイアへの意志が強く行動できたから

  • 会社に行きたくない
  • 好きなことをして過ごしたい
  • セミリタイアしたい

こう考える現代人は多いはず。

しかし、思っているだけで実際に行動をしている人はどれだけいるでしょうか?

SNSなどでセミリタイアへ向けて頑張っている方は拝見しますが、現実世界でセミリタイアを目指している人や、セミリタイアを達成した方を見たことがありません。

私はセミリタイアを目指して行動しました。その結果としてセミリタイアすることができました。

明確にやりたいことがあった

『セミリタイア後にやりたいこと』これは前項で挙げた意志力の強さに直結する。

やりたいことなど何でもいい。当時の私は

  • 会社に行かない生活がしたい

ただこれだけだった。

しかし、その思いが誰より強かった。挫折せずにセミリタイアへ突き進む原動力になるほどに。セミリタイアをしたい人は、セミリタイアしたい理由をハッキリさせましょう。

セミリタイアしてしまえば、セミリタイア後にやりたいことはいくらでも湧いてきます。

必要資金を貯めることが出来た

セミリタイアするにはいくつかの壁があるが、セミリタイアした身からすれば、これが全てと言ってもいい。

綺麗事を抜きにすれば、世の中の大半の悩みはお金で解決できる。セミリタイアも同じ。ひとつ例を挙げれば、資産が100憶ある状態で『FIREやセミリタイアするのが怖いです』なんて人はいないだろう。

例えが極端になりましたが、要はいくら資産を築けばセミリタイアできるのか決めること。

これがセミリタイアできた理由だ。

必要金額は自分にしか分からない。1億必要な人もいれば、底辺FIREだと言って500万程度で妥協する人もいる。セミリタイアしたければ、必要金額を決めて、その額を貯めること。それがセミリタイアに最も必要なことだ。

関連記事
普通の会社員が【資産5000万を貯めた貯金方法】上手な貯金の仕方を教えます

貯金をしたいけど貯金ができない貯金が無くて将来が不安そもそも貯金は必要なの? 貯金に対しては多くの悩みや疑問があります。この記事でそんな悩みに答えます。 私は24年の会社員生活で5,000万円を貯める ...

失敗や後悔を受け入れる覚悟があった

この2つの記事は当ブログの人気記事です。

失敗して後悔するのは誰もが避けたい。そんな不安からアクセスが集まっている感じです。この2点に関しては私も不安でしたし、大いに悩みました。

そして出した答えが、

  • 失敗したら働けばいい
  • やらない後悔より、やって後悔しよう

このように考えました。

体さえ動けば働き口はいくらでもある。やりたいくない仕事を定年までやったら絶対に後悔する。このように考えたらセミリタイア自体は怖くなくなりました。

人はいつか死にます。消えてなくなるんです。

  • 辛い思いをして定年まで勤めても
  • セミリタイアに失敗して惨めな思いをしても

最後は消えてなくなります。

セミリタイアしたいならセミリタイアした方が良いですよ。

関連記事
【FIREを目指すべき?】セミリタイアした方がよい人。セミリタイアするべき理由!

私はセミリタイアこそが正義。セミリタイア万歳。といったタイプではない。セミリタイア民の中では珍しいだろう。 だが、そんな私から見ても【セミリタイアした方がよい人】が確実に存在する。 それは セミリタイ ...

世間の目を気にせず、肩書を捨てる覚悟があった

セミリタイアをすると肩書を捨てることになります。

  • 会社員
  • 公務員

が名乗れなくなります。

世間体というのは大事です。人間は一人では生きていけません。周りは皆、会社員や公務員なのです。それ故に肩書を捨てられずにセミリタイアできない方もいる。

私は24年の会社員生活を送っていたので、会社員の肩書を捨てるのには抵抗がありました。しかし、ある時にふと気が付きました。今の会社が嫌だからセミリタイアを志した。こんな嫌いな肩書は要らないと。

そんな感じで肩書を捨てることが出来たのでセミリタイアできました。

セミリタイア後の肩書は

  • 無職
  • 派遣
  • フリーター

などになります。

これらに対する世間の目は厳しいです。覚悟しておいた方がよいですよ。

関連記事
【セミリタイア後の後悔】社会的信用を失う。無職・フリーターを名乗る弊害は?

セミリタイア後の後悔・失敗の一つに 【社会的信用を失った】 が挙げられます。 社会的信用を失う。ようするに肩書が無くなったことにより弊害が生まる。 肩書とは 会社員 公務員 主にこのどちらかでしょう。 ...

独身であることを受け入れた

結婚などを気にしてセミリタイアできない方もいるはずです。

結婚していない、結婚予定もない人間がセミリタイアをしたら、結婚できる確率は限りなく0に近づきます。その状態でセミリタイアをするのには迷いが生じました。

考えた末に、私は独身でセミリタイアをしました。それと同時に、生涯独身であることを覚悟しました。

セミリタイア界隈には、必要以上に結婚を否定する方たちが存在します。その方たちの問いたいのですが、理想の異性がアナタを好きでいてくれても結婚を否定しますか?

恐らく否定はしないでしょう。実際は、相手がいないから結婚をしない人が大半ではないでしょうか?そんな自分を肯定するために、仲間を求めて大声で喚いているようにしか見えません。必要以上のアピールはかえってマイナスですよ。

関連記事
【独身セミリタイアで大切なこと】男性・女性に共通して大事と言えること

私は独身でセミリタイアを決行しました。少し先輩風を吹かして『独身セミリタイア』において大切なことを語らせて頂きます。私は男性ですが、女性にも共通して言えることです。『独身セミリタイア』を目指していれば ...

無能でセミリタイアしたければ

文章としてまとめると、どれも大したことが無いかのように思える。

だが、私が壁を全て乗り越えたのは40代前半だ。長い歳月を費やした。やりたいけどやれなかったこと。もう取り返しが使いこともたくさんある。

普通と言われる人が、人生で経験できる楽しみや喜びを捨てて、壁を乗り越えることだけを考え続けた。犠牲にしたものは大きい。そう考えると、無能がセミリタイアするために一番必要なことは普通の人生を捨てる覚悟と言えるでしょう。

宗蔵ライフトップページへ⇒宗蔵ライフー週刊セミリタイア

著者について

高卒で工員として働き続けてセミリタイア達成⇒独自の視点でセミリタイア論について語っています。エリートでなくてもセミリタイアは可能と発信していきます。

-セミリタイア