セミリタイア 退職

【セミリタイア後の後悔】社会的信用を失う。無職・フリーターを名乗る弊害は?

2022年3月17日

セミリタイア後の後悔・失敗の一つに

【社会的信用を失った】

が挙げられます。

社会的信用を失う。ようするに肩書が無くなったことにより弊害が生まる。

肩書とは

  • 会社員
  • 公務員

主にこのどちらかでしょう。

セミリタイアと引き換えに、これらの肩書を捨てることになる。

当然、そんなことは理解しているはず。ですが、理解していることと、それを受け入れることは違います。セミリタイア前に受け入れる準備をしておきましょう。

人によっては想像以上にツライはず。

セミリタイア後の肩書。無職・フリーター

なぜ、こんな記事を書くに至ったかというと、この1週間程度で無職を名乗ることが2回あった。

  • 確定申告
  • 図書貸出カード作成

それぞれで無職を名乗った。

確定申告で無職を選択

最近は便利なもので、ネットで確定申告も簡単にできた。その確定申告で必要項目を入力していくのだが、最後に職業を聞かれた。

選択式で

  • 会社員
  • 事業主
  • 無職
  • etc.

といった感じだ。

現在はバイトも休止している。肩書は無職だ。私は無職を選択した。

正直、コンピューター相手でも無職を選択するのは多少の抵抗があった。

無職で図書貸出カード作成申請

セミリタイア後は図書館に足を運ぶのが趣味の一つとなっている。先日、自宅から少し離れた市の図書館に初めて足を運んでみた。そこで借りたい本があったので、図書貸出カードを作成した。

作成希望の用紙には職業の記入欄があった。受付の人に提出する用紙だ。私は躊躇した。考えた末に無職と書いて提出した。

正直、相手は何とも思っていないだろう。求職中の方などいくらでもいる。だが、自分としてはそういう問題ではない。何とも言えない気持ちになった。

無職で自動車購入の契約

その他にもセミリタイア後に無職を名乗ることがあった。セミリタイア開始後に車が故障。田舎で車なし生活は辛く、車を購入することとなった。

セミリタイアして間もない頃の大きな出費で非常に痛かった。だが、それ以上に無職を名乗ることの辛さを知った。

契約書に勤め先や職業の記入欄がある。無職であることを告げたときの担当者の表情は忘れられない。まさにセミリタイアの洗礼だった。セミリタイア直後に良い経験ができた。

FIRE前の準備【セミリタイアを楽しむために】退職前にやっておきたいこと10選

続きを見る

セミリタイアした先輩方のケース

私はセミリタイア歴は約1年。セミリタイア民としては、まだ新規な方だ。これから先に無職の弊害をまだまだ味わうだろう。

セミリタイアの先輩方のケースを調べてみた。

  • クレカが作れない
  • ローンが組めない
  • 入居審査に通りにくい

これらの事象が発生したようだ。

無職でクレジットカードが作れない

クレジットカードの審査に落ちたらしい。発行元による取得難易度に差があるが、人によってはクレジットカードが作れなくなるようだ。特にクレジットヒストリー(信用履歴)に不安がある人はセミリタイア前に発行しておくべき。

無職でローンが組めない

何にローンを組むかによって変わりそうだが、ローンを組むのが困難。一括購入を避けたければ、在職中にローンを組むべき。

無職は入居審査が通りにくい

これはセミリタイア界隈以外でもよく聞く話です。資産家の凄腕トレーダーが入居を断られた話をしていた。彼は2年分の家賃を一括で払うことで入居させてもらったらしい。日本は住居者に有利な法律なので、貸す側にとって定期収入がない人は信用できないのだろう。財産の有無は問題ではないようだ。

※上記のケースはネットで拾った情報。私個人ではセミリタイア後にクレカ発行しているし、ローンも組んでいる。

【セミリタイアを後悔】失敗パターン5選と現実。後悔しないための対策、対応、準備は?

続きを見る

無職・フリーターに対する世間の目

最近はセミリタイアの認知度も上がってきました。しかし、以前に比べての話です。セミリタイア界隈にいると感覚がマヒしそうですが、世間一般からは全く受け入れられていない。

先日、とある無職系のyoutuberが派遣登録して働くと宣言した。派遣に登録して自分の希望に沿った仕事を行う。理想的な生き方だと思う。だが世間の意見は違った。コメント欄には私のような考えを持った人はいなかった。

  • なぜ正社員を目指さないんですか?
  • 仕事内容を希望するのは贅沢だ
  • 正社員になった方がよいですよ

このようなコメントばかりだった。

世間の方々は大多数が会社員や公務員なのだ。彼(彼女)らにとっては正社員として働くのが当たり前らしい。

無職・フリーターの社会的地位

当然、一般的な社会的地位も、

公務員=会社員>>派遣>>アルバイト>>>>>無職

となります。

ニュース報道で事件があると職業も報道される。このたびに掲示板では

  • これだから○○は
  • 40にもなって○○かよ
  • ○○じゃ仕方ねえな

などの書き込みが溢れる。

世間の目を覚悟しておいた方がよい

もちろん。自分はニュースになるような事件を起こさない。自分が言われているのではない。だが、その言葉は胸に突き刺さる。

セミリタイアを目指している方もニュースを見て蔑んだことはないだろうか?心に思うだけではなく、書き込みをした人もいるのでは?セミリタイア後は、その目を自分に向けらる。覚悟しておいた方がよい。

有名配信者は無職ではない

このブログに訪問してくれる方々は、セミリタイアに少なからず興味を持っているはずだ。そうなると、古株のブロガーやyoutuberもご覧になっているのでは。

  • 無職系ブロガー
  • 無職系youtuber
  • セミリタイア系ブロガー
  • セミリタイア系youtuber

などです。

自分たちと有名配信者は違う

彼(彼女)らは無職を名乗っているが、職業欄には個人事業主と書けるはずです。所得がありますから。ですので、彼(彼女)らを見て無職でも明るく過ごせるなんて安直に思わない方が無難です。

※万が一にも、私が個人事業主を名乗ることが出来たら報告させていただきます。

在職中に無職を名乗ってみては

セミリタイアしたい人は在職中に、アルバイトや無職を名乗ってみては?

世間一般の無職に対する反応を味わう

当然、TPOにもよりますが、無職を名乗ることで世間の反応も分かる。無職の心境も多少は理解できるだろう。多少というのは実際は働いているから。在職で無職と名乗るのと、実際に無職では全然違う。

それでも無職を名乗ることが体験できるので、やっておく価値はある。無職を名乗ったあとに嫌な空気になれば『転職するので、一時的に無職になるんですよ』とでも言って誤魔化せばいい。

自分に無職耐性があるかどうか、在職中に確認しておくのも必要だと思う。冗談でも無職と言えないようでは耐えられないだろう。

肩書を失う辛さを覚悟しよう

少し脅かすような記事になってしまった。だが、肩書を失うことがどんなことかが、少しでも伝わればよいと思っている。

私はセミリタイアを推奨しているわけではない。ブログを書くことで、セミリタイア民が市民権を得られるように発信したい。などの想いもない。だがセミリタイアを目指している人を応援したいとは思っている。

頑張って掴み取ったセミリタイアで後悔をしてほしくない。肩書を失うことで、社会的信用を失うことを覚悟しておけば、後悔する確率も減るだろう。

セミリタイアに興味のある方の中には、世間一般的な意見に対して、見識の狭い連中だと吐き捨てる人もいるかもしれない。そう思うのは自由だが、我々が異質な存在で受け入れてもらう側だということを理解しておいた方がよい。

トップページへ⇒宗蔵ライフー週刊セミリタイア

著者の経歴

高卒で工員として働き続けてセミリタイア達成⇒独自の視点でセミリタイア論について語っています。エリートでなくてもセミリタイアは可能と発信していきます。

-セミリタイア, 退職