Googleアドンセンス

【アドセンス合格への道】第1回不合格。 PVゼロで無謀な挑戦。

2022年4月6日

2022年4月5日。グーグルアドセンス審査に合格した。

アクセスがゼロに近いので収益など望めない状態だが、グーグルからブログが認められたことは素直に嬉しい。ブログ記事を初投稿してから72日目で合格。記事は32記事。

実はこの間に7回も審査の申請をしている。6回は落ちたワケだが、短期間にこれだけ申請する奴も珍しいだろう。Googleも私のしつこさに折れたのか合格判定を出してくれた。

私は完全初心者だ。そして誰にも相談していない。Twitterで相互フォロワーも集めていない。その状態で合格した。さらに2022年では不利と言われている雑記ブログ。内容もアングラだ。

これからブログを始める人のために【完全初心者】がSNSを利用せずに自力で合格した記録を公開したい。

※合格時のブログ状況を知りたい方はこちら

【PV数ゼロでGoogleアドセンス合格】雑記ブログ初心者が合格に必要なこと

続きを見る

1回目不合格

合格時との差

1回目の審査申込日は2月1日。2月7日に不合格通知が来た。今考えると落ちて当たり前だったのだが、当時は余裕だと思っていた。正直、かなりのショックを受けた。

そんな記念すべき第1回不合格を振り返りたい。まずはブログ全体の構成を見ていく。

アドセンス合格に必要な項目をまとめてみた。赤字が合格時と違いのある項目になる。

項目合格時1回目
記事数329
PV数10以下0
訪問者数3人以下0
テーマアフィンガー6コクーン
カテゴリー数44
プロフィール
問い合わせ情報
プライバシーポリシー
免責事項
読者向けサイトマップ
ヘッダー画像
記事の装飾
コメント欄
アフィリエイト
外部リンク
被リンク
内部リンク
日記のような記事
404エラー記事
NGと思われるワード
NGと思われる画像
オリジナル画像

合格時との相違点は

  • 記事数
  • PV数
  • 訪問者数
  • テーマ
  • 免責事項
  • 読者向けサイトマップ
  • ヘッダー画像
  • 記事の装飾
  • コメント欄
  • 404エラー記事
  • NGワードと思われる言葉
  • NG画像
  • オリジナル画像の有無

以上の13点。

これらを改善して合格に繋がることとなった。

記事数

記事数の少なさは仕方ない。ブログを始めてから1週間程度だったからこんなもんだろう。

PV数と訪問者数

申請時のPV数と訪問者数はゼロである。厳密に言うと海外からのアクセス(まあ、スパムだろうけど)があったが、国内の訪問者はゼロだった。

『よくこれで申請する気になるなオマエは!』と言われそうだが、当時の私も知識が無いなりに色々と調べた。そして『PV0』でも合格すると情報があったので申請したのだ。何も勝算ゼロで申請したワケではない。

しかし、今思えば情報が古すぎた。2021年に審査が厳しくなったのだが、古い情報を見ていた。もしくは情報商材屋さん。

投資界隈では当たり前のように生息している情報商材屋さん。もしくは怪しいセミナー講師。どこの業界にもいるんだと勉強になった。

テーマ

当時のテーマは無料のコクーンを使用していた。

ブログで利益が出たら有料テーマに変えようなどど思っていたのだ当時は。

うーん。我ながら考えが甘すぎる。

免責事項

当時は免責事項はプライバシーポリシーに含んでいた。これで問題ないと思っていたが、のちに合格のカギを握るとは思ってもいなかった。

サイトマップ

これも重要なことは分かっていた。ただグーグル向けのサイトマップがあればそれで良いと思っていた。

ヘッダー画像

ヘッダー画像は載せていなかった。理由はシンプルな画面が気に入っていたから。のちに色々と試すことになる。

記事の装飾

記事に装飾はなく画面は真っ白。理由は2つ。『何が良いのか分からなかった』、『憧れのブログに装飾がなかった』以上の理由から装飾は行っていなかった。

コメント欄

コメント欄は開いていなかった。理由は『憧れのブロガーはコメント欄を開いていない』ので必要がないだろうと感じたからだ。

のちに必要だと分かりコメント欄を設けることになる

外部リンク

合格時は外部リンクはないのだが、1回目の申請時は外部リンクを使っていた。

リンク先はなんと警視庁。アホ過ぎる!良いイメージを持たれる訳がない。のちに非公開となった。

内部リンク

当時は記事を書くのが精一杯だった。記事同士の繋がりなど全く意識していなかった。

そもそも繋げる記事が無かった。

404エラー記事

ブログの開設直後ってこともあり、とにかく酷かった。相当数の404エラー記事がインデックスされていた。

多分、インデックス記事の半分近くが404エラーだったと思う。

今は全然クローラーが来ないのに、この時は何で来たんだろう?

NGワード・画像

審査に影響があるかは分からないが、

  • バカ
  • アホ
  • ボケ
  • マヌケ
  • etc.

等の言葉を使いまくっていた。

もちろん。人を中傷するような記事は書いていない。これらの言葉は全て自分に向けて放った言葉だ。

他にも

  • パチンコ
  • ギャンブル
  • いじめ
  • 心療内科

などのギャンブル、医療に関する言葉も使っていた。

画像もイメージ画像として、

  • カジノ
  • 武器を所持
  • 怪我人
  • etc.

などのギャンブルや争いを連想させるような画像を使っていた。

のちにワードも画像も全て修正した。修正しきれない記事は非公開にした。

※修正はしたが不合格と関係なかったと思う。

オリジナル画像

自分なりに思うところがあり、オリジナル画像は使わなかった。画像は全てフリー素材。海外のが多かったかな。

まとめ

2か月程前だが、今振り返ってみると本当に酷い(笑)

これらを修正して合格に繋がることになる。

申請時の記事

次に記事数と文字数。

文字が少ない記事は評価されない。これが定説だ。1回目の申請時は不慣れなこともあり、長文は書けなかった。

記事数9
記事の最小文字数783
記事の最大文字数3890
記事の平均文字数2406

5記事/9記事は2000文字を下回っている。そして1000文字を下回る記事が1つあった。

当時の記事がこちら。記事タイトルは省略しています。

以上の9記事で申請。結果は不合格。

『NGワード』、『NG画像』などは何も考えずに書きまくっていた。

不合格で気づいたこと

404エラー記事

※とにかくエラー記事が多くインデックスされていた。

ブログの知識がゼロなこともあり気づいたことは少なかった。唯一分かったことが、『404エラーの記事があるとよくない』色々と調べてこれだけは分かった。

記事の装飾

1回目の申請は記事に装飾が一切なかった。画像はあったが、文字だらけで真っ白な状態。

自分としては気に入っていたが、有識者が装飾はあった方がよいと発言していた。適当に装飾を付けて申請することになる。メチャクチャな装飾で逆に見づらくなっていたけど。

2回目の申請へ

これらを修正して2回目の申請を行うことになる。そして合格への長い道のりの始まりでもあった。

2回目不合格はこちら

【アドセンス合格への道】第2回不合格。色々と改善したけど効果なし。

続きを見る

-Googleアドンセンス