セミリタイア

【セミリタイアを目指すなら安全運転を】無事故無違反で保険料の節約を!

2022年2月1日

セミリタイアを目指す者。安全運転を心掛けるべし。これは声を大にして言いたい。

セミリタイアを目指している皆さん。

  • 安全運転を心掛けていますか
  • ゴールド免許を所有していますか

所有をしている方は、そのゴールド免許を維持できるよう意識していますか。また現在ゴールド免許を所有していない方はゴールド免許の取得を目指していますか。

私は20代の頃に過失割合の高い事故を1度起こしている。交通違反でも2度度検挙されている。すべてセミリタイアを目指す前の話だ。セミリタイアを決意してからは無事故無違反でゴールド免許を貫いている。過去に戻って入社式のときの自分に伝えたい。

『お前は24年後に社畜から卒業してセミリタイアを達成する』と。しかし安全運転を心掛け無事故無違反を貫けば退職時期が早まる。と教えてあげたい。

  • 無事故無違反=節約となります。

今回は無事故無違反を貫きゴールド免許を所有することが資産形成において有利に働くことを、私自身の失敗談を交えて記事にしていきます。

著者の経歴

高卒で工員として働き続けてセミリタイア達成⇒独自の視点でセミリタイア論について語っています。エリートでなくてもセミリタイアは可能と発信していきます。

資産形成のために知っておきたい【収入と支出の基本】消費・投資・浪費の違い

続きを見る

車両運転とセミリタイア

昨今、煽り運転がニュースで頻繁に取り上げられている。SNS上でも悪質運転を行っている車両が拡散されているのを目にします。

煽られた経験は誰にでもあると思います。また煽りではなくてもマナーの悪い車両にイラついた経験あるでしょう。

そんなときはグッとこらえるべき。

セミリタイアに向けて安全運転を意識して運転しましょう。セミリタイアに安全運転は必須です。私はセミリタイアを目指してから心を入れ替え安全運転を意識してきました。セミリタイアを達成した今もです。

ポイント

セミリタイアと安全運転はセット。セミリタイアしてければ肝に銘じましょう。

セミリタイアを早めたければ無事故無違反を貫きましょう

これまでに無事故無違反の方はあまりピンとこないかもしれませが、事故や違反は資産形成を大きく阻害してしまう。事実として、事故と違反は私の資産形成に大きなダメージを与えました。

自動車を運転するには自動車保険の加入が必須です。年間数万円~保険料が高い人では数十万円を自動車保険料として支払うことになります。その保険料は人によって違います。

無事故を継続することで等級が上がり

  • 保険料は最大で半額以下になります。

またゴールド免許を所有することで、

  • 保険料を下げることができます。

さらに免許更新期間が延びることで

  • 免許更新料も節約できます。

良い事しかありません。

ポイント

無事故無違反によるゴールド免許取得は節約により資産形成に貢献してくれます。

交通事故と保険料

事故を起こした経験がある方は身を持って知っていると思うが、事故を起こすと等級が下がり保険料が跳ね上がってしまう。

自動車の保険料ってただでさえ高いですよね。事故を起こすことで自動車を保有するコストが大幅に増えてしまいます。当然、支出が増えればセミリタイアは遠ざかってしまう。

前述したように、私は過失割合の高い事故を1度起こしている。まだ若くて知識も乏しく、資産形成も意識していなかった時期なので、『車の保険って高いな』くらいにしか思っていなかった記憶がある。おそらく等級が一番低かったのではないだろうか。本当に考えなしでした。

しかも何も知らない馬鹿ガキが無理して保険料が高い車に乗っていたので、その額は年間数十万だったと思う。(当時はネット保険なんて存在せずにタダでさえ高かったのだ)その高い自動車保険料の代償にセミリタイア突入が遅れてしまった。

自動車を運転する限り事故を100%防ぐ方法はありません。ですが自分の意識で事故率を下げることはできる。

事故を起こさなければ等級も上がり自動車保険料も安くなる。その分セミリタイアが近づくことを意識してほしい。

反省しています

ここまで金銭面の話だけしたが事故によって金銭よりも大切なものを奪ってしまう場合もある。事故を起こした私だが、幸いにも相手方は大きなケガもなく大事に至らずに済んだ。本当に幸運だったと感じる。

交通違反と反則金

こちらは切符を切られて反則金を払うことになります。

切られた点数が低ければ数千、数万の反則金で済みますが、次回免許更新時にゴールド免許ではなくなります。それに伴い保険もゴールド割引が適用外となります。

ちなみに私は最高速度違反1回。一時停止無視で1回。とそれぞれ検挙されている。昔のことで忘れていたが、反則金をいくら払ったか調べてみた。

  • 最高速度違反 (20数キロオーバー) 
    反則金 9,000円  違反点数 2点
  • 一時停止違反 
    反則金 7,000円  違反点数 2点

単発で見れば大した額ではないが、次回免許更新時にブルー免許となってしまう

ポイント

自動車保険はゴールド割引適用外。免許更新料も高くなってしまい良いとこなしだ。検挙されないに越したことはない。

犯しやすい交通違反について

ついでに違反別の検挙数が多い順を調べてみた。

令和元年の検挙数上位5件になる

 違反種別 件数
1位一時停止違反13,28,154
2位最高速度違反11,37,225
3位携帯電話使用違反716,820
4位通行禁止違反673,095
5位信号無視違反641,865
出典警視庁より

どうだろうか。

ポイント

検挙数が多いということは、単純に対象の違反を犯すドライバーが多いということ。そして警察側も力を入れて取り締まっているということだ。意識して注意したい。

反則金について

次に反則金だ。

1位『一時停止違反』、2位『最高速度違反』が飛びぬけて多いので調べてみた。

まずは一時停止違反。

一時停止をした場所反則金違反点数
一時停止線・標識前7,000円2点
踏切前9,000円2点
出典警視庁。反則金一覧より

次に最高速度違反。

超加速度反則金違反点数
25以上30未満18,000円3点
20以上25未満15,000円2点
15以上20未12,000円1点
15未満9,000円1点
出典警視庁。反則金一覧より

ちなみに30キロ以上の速度超過は減点6点。さらに反則金ではなく罰金10万以下。又は6か月以下の懲役となっている。

何事も積み重ね

繰り返すが、これらは長い人生においては大した金額ではない。だがこれに伴い自動車保険料の上昇や免許更新料や更新の手間が付随してくる。節約は小さな金額の積み重ねだ。無駄金を払わないようにしよう。

免許停止や取り消しは金銭的ダメージが計り知れない

事故や違反の内容によっては免許停止や取り消しに至ってしまう。

こうなると金銭的ダメージは計り知れない。

免許停止になれば一定期間は通勤も困難になり余計な出費が発生するかもしれない。最悪の免許取り消しになれば、職業によってはセミリタイアを目指すどころか人生設計そのものを見直す可能性すらある。

免許停止は6点。免許取り消しは15点。

ポイント

悪質な違反で検挙されれば6点なんてすぐに達するだろう。反則金だけでは済まず罰金となり、無駄な出費が待ち構えている。セミリタイアを目指す上では絶対に避けねばならない

まとめ

セミリタイアを目指すにはゴールド免許の所有が有利であり、無事故無違反を貫くことの重要さを分かってくれたらと思う。

無駄金は一切払わない。これはセミリタイア生活を目指す上では当然だ。反則金に罰金。無駄に跳ね上がった自動車保険料に金を払っている場合ではない。

そもそも事故を起こして最悪の事態を招けばセミリタイアどころではなくなる。そうならない為にも車を運転する際は安全運転を意識して心掛けていきたい。

宗蔵ライフトップページへ⇒宗蔵ライフー週刊セミリタイア

著者の経歴

高卒で工員として働き続けてセミリタイア達成⇒独自の視点でセミリタイア論について語っています。エリートでなくてもセミリタイアは可能と発信していきます。

-セミリタイア