節約・副業・お得

楽天モバイル【0円プラン終了!】新料金プランと他社比較!!メリット・デメリットは?

2022年5月16日

楽天モバイルの新料金プランが発表された。

その名も【Rakuten UN-LIMIT】だ。【Rakuten UN-LIMIT VI】からのバージョンアップ?となる。

気になる料金プランだが、

プラン料金
0~3GB980円(税込み1,078円)
20GBまで1,980円(税込み2,178円)
無制限2,980円(税込み3,278円)
新料金プラン

0円プランが無くなってしまった。

維持費が無料であることが楽天モバイルの魅力だったが、新料金プランで維持費が掛かるようになる。しかも強制移行なので、ユーザーは嫌でも【継続or解約】の選択を迫られることとなった。

今まで料金を払っていた人は特に何も変わらないのだが、問題は0円で所有していた方々。新料金プランに対して批判の声が鳴りやまない。今まで0円で使っていたモノが有料になれば文句を言いたくなる気持ちは分からないでもないが・・・

ネットの書き込みが荒れているので、どう立ち回れば良いのか分からない方も多いだろう。一度、落ち着いて考えたい。

※他社から動きが有りました。各会社の格安プランの動向に注目したい

【どうなる楽天モバイル!!】3大キャリアの反撃。我々はどうするべきか?

続きを見る

最初に解約手数料を確認

乗り換え云々の前に解約手数料の有無を確認したい。話はそれから。人によっては新プランに移行してから乗り換えの方が安い場合がある。

解約手数料が掛かるかはこちらで確認できます。楽天モバイルメンバーステーション確認だけしておくのも有りかもしれません。

※解約は対象月の15日締め切りです。ご注意ください。

まだ慌てるな

怒りが収まらずに解約したい人は、今すぐ解約すればよい。誰も止めはしない。

そうでない人は6月末。もしくは8月末、10月末まで所持しても良い。もちろん11月以降も継続して使用するのも有りだ。猶予はある。落ち着いて考えよう。

また、契約時期や内容によっては旧プランは解約手数料が発生します。新プランは解約手数料が発生しないので、移行してから解約がお得な場合もある。よく確認したい。

※解約は15日締め切りです。ご注意ください。

ネットの書き込みは気にするな

ネット上には

  • 俺は解約した
  • 解約ラッシュだな
  • 今から解約するわ

などの書き込みが溢れているが安心してほしい。

新料金は7月1日(金)からだ。6月中に解約するか、人によっては8月もしくは10月でも遅くはない。

最大4ヶ月無料

7月1日(金)から新プランに強制移行となるが、

  • 1GBまでは実質最大4ヶ月無料

となっている。

内容としては

  • 7月1日(金)~8月31日(水)
    使用量1GB以下の場合旧プラン料金で使用可
  • 9月1日(木)~10月31日(月)
    使用量が1GB以下の場合は楽天ポイントが還元される

これにより実質無料となる。

詳細をまとめると、月の使用量が1GB以下なら、7月1日(金)~8月31日(水)の2か月間は無料。9月1日(木)~10月31日(月)は税込み1,070円請求されるが、楽天ポイントが還元される。

このことから、楽天ポイントユーザーは10月31日まで使用するのも悪くはない。楽天ポイントなど要らん。と言った方でも8月31日まで使用しても良いのではないだろうか?

※解約は15日締め切りです。ご注意ください。

注意点

注意点としては

  • 契約台数1台目のみ
  • 1GBを超えると無料ではない
  • 9月と10月はポイント還元

この点に注意したい。

契約台数1台目のみ
4ヶ月実質無料が適用されるのは1回線目だけだ。複数回線持っている方は注意したい。

1GBを超えると無料ではない
【前半2か月の旧ブラン適用】も【後半2か月のポイント還元】も月の使用料が1GB以下のみ適用となる。

9月10月はポイント還元
繰り返すが、実質無料の内訳は9月10月は楽天ポイントの還元となる。料金は発生してしまう。楽天ポイントが不要な方は8月31日までに決断しなくてはいけない。

※解約は15日が締め切りとなりますご注意ください。

自分自身で判断を

ネット上には不安や怒りの書き込みで溢れているが、考える時間はタップリあることを理解してほしい。他者の意見に惑わされずに落ち着いて判断したい。

※参考までに
私は10月31日までは所有して様子を見る。楽天ポイントもガソリン給油で使用するので現金と変わらない。通話無料の楽天リンクが継続されることも私には有り難い。様子を見て良いニュースが入って来ることに期待したい。

他社との比較

楽天モバイルより引用

新プランが不評なのは旧プランが無料だったからだ。無料と有料を比較すれば無料が良いに決まっている。では他社との比較はどうだろうか?楽天モバイルを除く3大キャリアとの比較をしたい。

料金比較

楽天モバイルは店舗があるので、通常のプランを比較するべきだが、楽天側が他社の格安プランを意識しているので格安プランと比べる。

プラン楽天モバイルLINMOpovoahamo
3GB980円
(税込み1,078円)
900円
(税込み990円)
900円
(税込み990円)
20GBまで1,980円
(税込み2,178円)
2,480円
(税込み2,728円)
(税込み2,700円)2,700円
(税込み2,970円)
無制限2,980円
(税込み3,278円)
追加可能追加可能追加可能
4大キャリア比較

3GBプラン以外は一応、楽天モバイルが最安値となる。無制限プランがあるのは楽天モバイルのみだ。3大キャリアも無制限に使うことは可能だが、料金が青天井となる。無制限で使いたければ楽天モバイル一択だ。

20GBプランでahamoの料金が頭一つ抜けているが、ahamoは5分掛け放題が付いている。

※楽天モバイルの料金プランの詳細は料金ページでご確認を。

※Povoの料金形態は簡略化しています。詳しくはホームページを。

通話料込だと

各社とも通話料は

  • 22円/30秒(税込み)となる。

ahamoは5分を超過すると、そこから通話料が加算される。

掛け放題プランも各社用意していてる。通話が多い人は利用した方がよい。

プラン楽天モバイルLINMOpovoahamo
5分以内500円
(税込み550円)
500円
(税込み550円)
無料
(通常料金込み)
15分以内1,000円
(税込み1,100円)
掛け放題1,500円
(税込み1,650円)
1,500円
(税込み1,650円)
1,000円
(税込み1,150円)
4大キャリア通話料比較

他社との違いを出したいのか。楽天モバイルのみ15分通話プランが用意されている。逆に5分と15分の掛け放題は現状は用意されていない。

※楽天モバイルは新プランです。現行プランは10分掛け放題。1,100円/月になります。

楽天リンクの存在

15分掛け放題という料金も通話時間も中途半端な楽天モバイルだが、それほど悲観する必要はない。

それは楽天リンクアプリの存在だ。楽天リンクを使用した通話なら料金は無料だ。通常通話と多少の違いは有るが、北関東の田舎で普通に使用できている。

通話が多い人は【通話料込み】で考えると楽天モバイルは有難いのではないだろうか?

楽天モバイルのメリット

新料金プランが不評の楽天モバイルだがその中にはメリットも存在する。

メリット

  • 3GBプランを除けば最安値
  • 無制限プランの存在
  • 楽天リンクによる通話料無料

主にこの3つ。これらに魅力を感じるかで継続するかを決めたい。

その他の特典として

  • 楽天SUP⇧が+1
  • その他キャンペーン

などが受けられる。人によっては有難いだろう。

3大メリット

3GBプランを除けば最安値
大不評の新プランだが、3GBプランを除けば最安値だ。3GBは高いが誤差の範囲。ギガを大量に消費する人にとっては魅力はある。

無制限プランの存在
無制限プランが存在するのは楽天モバイルのみだ。他社でも無制限に使うことは可能だが、追加料金で使用料が青天井になってしまうので現実的ではない。

楽天リンクによる通話料無料
楽天リンクの存在は大きい。通話が無料だ。他社よりも料金でアドバンテージがある上に通話無料が付いている。

その他

あまり魅力は感じられないが一応メリットとして

楽天SUP⇧が+1
楽天市場でのポイント還元率が上昇する。楽天市場のヘビーユーザーでもなければ恩威が小さい。使わない人にとっては無いに等しい。オマケ程度の特典だ

その他キャンペーン

  • 15分通話かけ放題が無料
     1,100円/月⇒3か月間無料
  • 楽天ポイント還元
     3,000ポイント還元
  • 楽天グループサービス
     実質3か月間無料
  • Youtube Premium
     3ヶ月無料

一応、楽天にも通常通話料金は存在する。15分通話が3か月間無料。

楽天ポイントが3,000ポイント還元される(新規申し込みが対象)

楽天グループサービス実質無料。無料期間後もお得に利用できる。詳細はホームページを見てほしい。

youtube Premiumが3か月無料で利用可能(すでに利用している人は対象外)

店舗が存在する

楽天モバイルには店舗が存在する。

3大キャリアにも店舗はあるが、格安プランはWEB申し込みだけだ。スマホに詳しくない人には店舗があるのは有難い。これもメリットと言える

※ahamoは手数料を払うことで店舗で受付可能。

楽天モバイルのデメリット

楽天モバイルのデメリットは一点のみ。

通信に不安がある

問題は一点の不安が重大な欠点ということだ。通信機器で通信に不安を抱えているのは困る。

3大キャリアも『日本全国どこでも繋がるのか』と問われれば答えはNo,だが、3大キャリアでダメなら諦めがつく。楽天モバイルで通信圏外になったら3大キャリアでないことを後悔するかもしれない。

仮に3大キャリアが繋がらない場所でも楽天モバイルであること悔やみそうな感じすらある。

今後どうする?

材料が出そろったので今後どうするべきかを考えたい。その前に考えるまでもない人もいるが、参考までに載せてみた。

答えが出ている人

この方たちは既に答えが出ている。

  • 現状で料金が発生している人
  • 全く使っていない人 / 今後も使わない人

この方たちは考える必要はない。

現状で料金が発生している人
すでに月々の料金を支払っているユーザーは何も変わらない。現状に不満が無ければ、そのまま継続でよい。

全く使っていない / 今後も使わない人
使用する予定が無い人は無駄な固定費が発生するだけだ。使わないならサッサと解約してしまおう。

0円で所有していた人

0円で所有していた人は選択をしなくてはいけない

  • 1台持ちの人
  • 複数持ちの人

とで別れるが、

1台持ち
該当する人は少ないだろうが、楽天モバイルのみで料金が発生していなかった人。楽天リンクでの通話専門の人だ。

このような方は楽天モバイル継続で良いのではないでしょうか?料金が発生してしまうのは残念ですが、他のキャリアより割高ではない。楽天リンクの存在を考えれば楽天モバイルが一番良いくらいだ。
(povoの契約内容と比較して検討したい)

料金を払うことが、どうしても許せない人以外は現状維持でよいでしょう。

複数台持ちの人
楽天モバイルを含めて2台以上所有する人だ。私もここに該当する。

やはり楽天リンクアプリに魅力を感じるかではないだろうか?通話無料で3GBが付いてくる。これは楽天モバイルだけだ。

  • 楽天モバイル 1,078円/を払って通話無料と3GB
  • 他社 550円/月を払って10分掛け放題or22円/30秒

の2択だ

2台持ちはメリット・デメリットが有るから、どちらが良いとは一概には言えないが、他社で掛け放題を付けると楽天モバイルより確実に割高になる。

新規で契約は有りか?

最後に新規で契約するのは有りか?を考えたい。

  • 楽天リンクの通話無料
  • 無制限で2,980円(税込み3,278円)

このどちらかに魅力を感じるなら、契約は有りだと思う。

この2点に限っては完全に差別化できている。楽天モバイルだけの強みだ。是非とも検討してほしい。

※楽天モバイルの使用レビューはこちら。

【楽天モバイルでスマホ料金を節約】0円スマホのメリット・デメリット

続きを見る

※ワイモバイルのレビュー

【ソフトバンクからワイモバイルへ】乗り換え後の料金。使用感をレビュー

続きを見る


-節約・副業・お得