知恵袋

Amazon「ヤマト運輸営業所(センター)での受け取り方」メリット・デメリットと注意点

2023年6月29日

Amazonのヤマト営業所での受取に関して

  • 注文方法は?
  • 受取り方は?
  • 注意点やルールは?
  • メリット・デメリットは?

これらを簡単にまとめました。

  • 受取スポットでヤマト営業所を選択
  • 営業所に届くとメールが来ます
  • お問い合わせ番号と本人確認書類を持って取りに行く

これだけです。大型の荷物は受け取れない。保管期間は3日間などの注意点は有りますが、基本的には簡単に利用できます。非常に簡単なので利用しましょう。

本文では詳しく説明します。詳細を知りたい方はご覧ください。

合わせて読みたい
Amazon Hub ロッカーで荷物の受取ができる
『Amazon Hub ロッカーの使い方・受け取り方』設置場所は?開け方と高さ指定について

続きを見る

 

ヤマト運輸センター受取りの概要と注意点

自由ぶた

ヤマト営業所受け取りの注意点があります。

  • 営業所での受取りが使えないケースが存在する
  • 受取り不可の営業所も存在する
  • 保管期間は3日間
  • 代金引換は使えない

特に保管期間には注意しましょう。

営業所受取りが使えないケースが存在する

まず、ヤマト営業所の受取りには制約があります。

  • マーケットプライスの発送
  • Amazon定期おトク便の注文
  • 日時指定の配送
  • 30万円以上の注文
  • 3辺合計が80cmを超える商品
  • 重量が10kgを超える商品
  • 危険物(火気厳禁)の商品
  • 在庫切れとなっている商品
  • Prime Try You Buyの注文

これらのケースでは使用できません。

Amazon発送の商品しか使えない。高額な商品、大型商品、重量のある商品も不可となっています。これらのケースに当てはまる注文は、注文の時点でヤマト営業所での受取りが選択できません。自分で考える必要はないのでご安心ください。

受取り不可の営業所も存在する

自由ぶた

営業所の受取りが選択できないんだけど。

営業所の受取りが使える注文なのに営業所での受取りが選択できない。その場合は、その営業所は受取り不可の営業所かもしれません。ヤマトの営業所によっては、Amazonの受取りは不可の営業所も存在します。

Amazonの公式から、受取不可の営業所は「受取スポット」には表示されないとアナウンスされています。

荷物の保管期間は3日間

荷物の預かり期限は3日間となっています。

ヤマト営業所に荷物が届くとメールが来ます。メールの受信日を含めて3日間です。4日目になると返却されるそうです。注意が必要です。

ちなみに、Amazonロッカーも3日間です。コンビニは7日間とされているので、3日間の間に取りにいけないようならコンビニ受取りを利用しましょう。

代金引換は使えない

ヤマト営業所の受取りでは「代金引換」は使用できません。

  • クレジットカード
  • コンビニ払い
  • ネットバンキング
  • ギフト券
  • ポイント
  • PayPay

などでお支払いください。

関連記事
「AmazonでPayPayを使う方法」PayPayでの支払い・AmazonとPayPay連携設定のやり方

続きを見る

ヤマト営業所で受取る注文方法

ヤマト営業所で受取る注文手順です。

宗蔵

特別な手順はありません。受取りスポットから「ヤマト営業所」を選択するだけです。
(一度選択すると候補に残ります)

  • 商品をカート
  • レジへ進む
  • お届け先住所の選択
  • 支払い方法を選択
  • 注文する

「お届け先住所の選択」で受け取りスポットからヤマトの営業所を選びましょう。

受け取りスポットからヤマトの営業所を選択。「ここでピックアップ」で受取場所を指定できます。上記画像だと「吾妻橋営業所」になります。ヤマト運輸の前に「PUDO」の文字があるとヤマトのロッカー受取りになります。

受取スポットでヤマト営業所が出てこない場合は検索フィルターを変えてみましょう。

「推奨」から「最寄りの」へ変更すると出てくる場合があります。

ヤマト営業所での受取り方

自由ぶた

営業所での受取りは以下の2つが必要。

  • 本人確認書類
  • お問い合わせ番号

この2点が必要です。

利用できる本人確認書類は?

Amazon公式では以下が本人確認書類とされています。

  • 運転免許証
  • 学生証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 社員証
  • 住民票
  • 年金手帳
  • クレジットカード
  • キャッシュカード

クレジットカードやキャッシュカードで大丈夫なのかと不安がありますが、Amazon公式に記載されています。
(メールにも書いてあります)

ただ、営業所の方が名前や住所を確認しているので、できれば名前と住所。もしくは顔が確認できるものを用意した方が安心です。私はいつも運転免許証を利用しています。これなら間違えないですね。

お問い合わせ番号とは

お問い合わせ番号はメールに記載されています。

ヤマト営業所に荷物が届くとメールが送られてきます。そのメールにお問い合わせ番号が記載されています。

ただ、私はお問い合わせ番号を聞かれたことはありません。名前を言って運転免許証を見せれば受け取れます。しかし、Amazon公式には本人確認書類とお問い合わせ番号が必要と書かれているので、聞かれたら応えられるようにしておきましょう。

もしかしたら、顔写真や住所が入っていないキャッシュカードやクレジットカードなどを提示すると確認のために聞かれるのかもしれませんね。

ヤマト運輸営業所での受取りのメリット・デメリット

営業所受け取りのメリット・デメリットをまとめました。

宗蔵

私の経験を基にした「コンビニ受取り」や「ロッカー受取り」との比較になります。

メリット

  • コンビニと比較して受取りが楽
  • ロッカーと比べると清潔
  • コンビニほど混雑していない
  • 家族にバレない

デメリット

  • 営業所が少ない
  • 24時間受付ではない
  • 運が悪いと待ち時間が長い

これらが挙げられます。

営業所受け取りのメリット

コンビニと比較して受け取りが楽

コンビニ受け取りと比較すると受取りが楽です。

個人的には、

ロッカー>ヤマト>コンビニ

このような感じです。さすがに、無人のロッカーには敵いませんがコンビニより楽ですね。

ロッカーと比べると清潔

前項でロッカー受取りに後れを取りましたが、ロッカーよりも優れている点があります。

ロッカーは外に置いてあるので砂埃などで汚い場所があります。勿論、荷物は梱包されているので商品は問題ありませんが気持ちの良いものではありません。

その点、営業所はしっかりと室内に保管されるので清潔です。

コンビニほど混雑していない

基本的に、ヤマトの営業所はコンビニほど混雑していません。

荷物がスムーズに受け取れます。
(ただし、運が悪いとメチャクチャ遅い)

家族にバレない

ヤマト、コンビニ、ロッカーすべてに共通して言えることですが買い物が家族にバレません。

家族に内緒で買い物をしたい方には便利でしょう。

営業所受け取りのデメリット

営業所が少ない

便利な営業所受取りですが、コンビニ・ロッカーと比べると圧倒的に数が少ない。

営業所があっても受取り対象外の場合もあります。使いたくても使えない。デメリット以前の問題です。

24時間受付ではない

基本的に、ロッカーとコンビニは24時間受付です。しかし、営業所で受取る場合は24時間受付ではない。

ヤマト営業所の営業時間内に受取る必要がある。ロッカー・コンビニと比較して最も劣っている点です。

運が悪いと待ち時間が長い

運が悪いと受取りに時間がかかります。

先客がいなければ名前を言って身分証明書を見せれば終わりです。営業所の中にいる時間は1分程度です。しかし、運が悪いとメチャクチャ遅い。

以前、ヤマト営業所で荷物を受取る際に先客がいました。高齢の方が自分で送り状を書くことができずに営業所の方が教えていました。その間はずっと待たされました。

滅多にないと思いますが、運が悪いとコンビニ受取りより時間がかかります。

コンビニ受け取りやAmazon habロッカーと使い分けたい

Amazonを利用しても受取りに困ることがあります。

宗蔵
  • 再配達は申し訳ない
  • 日時を指定したら急用ができた
  • そもそも受取り予定が立てられない
  • 家族に内緒で受取りたい

そのような方たちの味方の一つがヤマト営業所での受取りです。

コンビニ、ロッカー、営業所の受取りはそれぞれ一長一短があります。上手く使い分けてAmazonを便利に利用しましょう。

-知恵袋