ユニクロ・GU・無印

ユニクロ・GU【エアリズムVSドライ】ボクサーパンツの比較と違い!使用感レビュー

2022年4月17日

ユニクロGU。ファストファッションとして人気の両ブランド。

セミリタイアを目指す人もそうでない人も、この両ブランドのお世話になっている人は多いと思われる。

両ブランドからインナー類も販売されていて、

といったシリーズが製品化されている。

この両シリーズのボクサーパンツを比較したい。

テーマは『GUのドライ』は『ユニクロのエアリズム』の代わりになるのか?だ。結論を言うと【エアリズムとは違うがインナーとして使用するのはあり】が答えです。

エアリズム愛用者がドライボクサーを購入しても問題ない。ですが注意点として、

両アイテムは全くの別物です

履き心地は

  • エアリズム 肌を優しく包む
  • ドライ 肌に馴染む

といった感じです。

  • エアリズム ルーズ
  • ドライ タイト

とも表現できます。

比較について

履き心地は両アイテムを比較しての話です。さらに個人の主観となります。ご了承ください。

ユニクロ・GUのクルーネックT(半袖)の比較もしています。⇒ 【エアリズムVSスタイルドライ】レビュー

ユニクロ【エアリズムウルトラシームレスボクサーブリーフ】比較レビュー

続きを見る

節約のために

セミリタイアブログで、いきなり下着のレビューを始める。あまりのアクセスの少なさに気が狂ったか?と思われそうだが違う。

目的は節約だ。

会社員時代から節約をしてきたが、セミリタイア後はさらなる節約をしている。究極の節約は何も買わないこと。だが、それにも限界がある。日用品をはじめとする消耗品などは買わなくてはならない。

そして私の下着にも寿命が来た。買わねばならない。

会社員時代からインナー類はユニクロを購入していた。エアリズムの肌触りが好きで愛用している。

今回もユニクロへ足を運んだのだが・・・高い。エアリズムボクサー990円が高く感じる。セミリタイア生活の弊害だろうか?少しでも安く買いたい。

そこで思いついたのがGUだ。あそこなら安いのでは?

そして実際に安かった。だが、問題はある。安物買いの銭失いでは意味がない。『GUのドライ』は『ユニクロのエアリズム』の代わりになるのだろうか?それが知りたい。

ポイント

今回、エアリズムとドライボクサーを比較して、今後もドライボクサーを購入するか考えたい。

値段比較

製品値段
エアリズムボクサー990円
ドライボクサー490円
値段比較

値段を比較すると、ドライボクサーはエアリズムの半額以下。

エアリズム1着の値段でドライボクサーは2着購入して釣りがくる。これは大きい。

購入した次の日にセールが・・エアリズムが790円に・・・ユニクロ、GUはセールを意識したい

素材比較

素材

買ってきたのはこちら。

『いや、おっさん派手だな』と思うだろうが、無地だと絵的に地味なので柄付きにした。

項目エアリズムドライボクサー
原産地中国バングラデシュ
本体ポリエステル 88%
ポリウレタン 12%
ポリエステル 91%
ポリウレタン 
 9%
ウエストナイロン   90%
ポリウレタン 10%
ポリエステル 88%
ポリウレタン 12%

肝心な本体部分は同じ材質。割合に違いがあるが、気にならない程度だ。

相違点

ウエスト部分は大きく違う。主な材質が

  • エアリズム ナイロン
  • ドライボクサー ポリエステル

となっている。

ウエストの閉まり具合。感触に違いが出るだろうか?

特性比較

エアリズムもドライも、それぞれ売りにしている部分がある。それを比較する。

特性エアリズムドライ
ドライ
肌面平滑性
接触冷感
ストレッチ
抗菌防臭
消臭
給水速乾

やはりエアリズムの方が売りにしている点が多い。企業が発表している特性だけみればエアリズムが当然優れている。

何を求めるかはユーザーによるだろうが、私はエアリズムの感触が気に入っている。ドライボクサーに『肌面平滑生』がないのが気になる。逆にドライボクサーの『給水速乾』などはどうでもいい。

ドライを謳っている製品にドライ特性がないのはどうなんだ?表記していないだけなのだろうか?

素晴らしい開発力

※素材面での違いはないに等しい。それでもこれだけの違いを出せるのは素晴らしい。開発費や製造費が掛かる分、エアリズムは高いのだろう

外観比較

サイズ感

まずは大きさだ。重ねてみたが大きさは、ほとんど変わらない。若干、ドライの方が大きく感じるが、ほぼ違いはない。

ユニクロとGU。同じサイズを買えばOKだ。

ウエスト部分の厚みは同じ。材質の違いがどう出るだろうか?

相違点

ぱっと見として、大きく違うのは縫い目。

私は裁縫のことは詳しくはない。だが、両者の違いははっきり分かるレベルだ。

エアリズムの方が縫い目が目立たない。ドライは縫い目が太い。縫い目が太いと肌に接触した際に気になるかもしれない。どうだろうか?

肌触り比較

本体の材質が同じだけど違いを感じる。『肌面平滑性』は伊達ではない。エアリズムの方が若干滑らかに感じる。

しかし、違いはあるが、超敏感肌とかではない限り気にはならないレベル。

人によってはドライの方が好みの人もいるだろう。

伸縮性比較

両製品とも【ストレッチ】を売りにしている。

広げてみたが両製品とも確かに伸縮性はよいと感じる。

使用感比較

とりあえず両方履いてみた。

全然違う。同じような素材でここまで違いが出るのか?

【肌面平滑性】と【接触冷感】の威力なのか?エアリズムの方が肌触りが優しい。逆にドライの方は肌に吸い付く感じがある。

だが、エアリズム愛用者がドライボクサーを履いても不快になるようなことはない。これはもう好みの問題。

前項の比較で

  • ウエストの素材違い
  • 縫い目の違い

を気にしていたが、その点は問題ない。

履いた感触の違いの方が優先されて、その2点は気にならない。

結論

結論としてはドライボクサーはありだ。

やはりエアリズム1つの値段で2つ購入できるのは大きい。ただドライボクサーを購入する際は、感触が変わることを覚悟したほうがよい。

  • エアリズム 肌触りが優しい
  • ドライボクサー 吸い付く感じ

あくまで両者を比較してが前提となる。

エアリズムがゆるゆるで、ドライボクサーが窮屈なんてこともない。エアリズム愛用者は一度ドライボクサーを試すのはありだと思う。

1着490円だ。試してみるのはありではないだろうか?

その他、ユニクロ/GU/無印の衣類レビューを行っています⇒ユニクロ/GU/無印レビュー

ここまでご覧いただきありがとうございました。他にも商品レビューを行っています。ご覧いただけると幸いです。⇒宗蔵ライフ商品レビュー一覧

ユニクロ【エアリズムウルトラシームレスボクサーブリーフ】比較レビュー

続きを見る

【エアリズムVSスタイルドライ】ユニクロ・GUのクルーネックTを比較レビュー

続きを見る

ユニクロ【エアリズム ステテコ】レビュー!メリット・デメリットは?涼しいの?

続きを見る

-ユニクロ・GU・無印