生活改善 節約・副業・お得

固定費削減!!ソフトバンク【おうちのでんわ】で固定電話代を節約。

2022年4月20日

ソフトバンク【おうちのでんわ】で固定費を節約しませんか?家庭の事情により固定電話を無くせない。あまり使わないのに月額料金が高い。そんなお悩み【おうちのでんわ】を導入することで解決できるかもしれません。この記事で導入後の使用感もレビューしています。是非ご覧ください。

先日、実家の固定電話をソフトバンクの【おうちのでんわ】に変えた。母が固定電話代に悩んでいたので、解決策を考えた結果導入に至りました。

NTT⇒【おうちのでんわ】への変更だが固定電話の料金が安くなった。毎月の固定費を下げることができたので立派な節約だ。

料金は

差額は1,342円。 

1,342円×12か月=16,104円 年間で16,104円の節約となる。

※通話料を含まない、基本料金とオプションだけの算出です。通話料自体も安くなります。

長年NTTの固定電話を使っていたので、切り替えは不安だったが何も問題なく使用できている。実家の両親も導入して良かったと言っていたのでレビューしたい。

※他社からも似たようなサービスは提供されている。ソフトバンクを選んだ理由は両親のスマホがワイモバイルだから。

ソフトバンク【おうちのでんわ】とは

出典:おうちのでわホームページ

ソフトバンク【おうちのでんわ】は携帯電話の電波を利用したIP電話サービスです。

主な特徴は

  • NTT電話回線より安い
  • 携帯の電波を利用

この2点になります。

NTT回線より安くなる

これはメリットでしょう。契約内容にもよりますが、

  • 基本料金
  • 通話料
  • オプション料金

などは基本的にNTTよりも安くなります。

形態の電波を利用している

こちらはデメリット。携帯の電波を利用しているので、家庭によってはNTT時代よりも通話状況が悪くなるかもしれません

固定電話を無くせない人にお勧め

固定電話の究極の節約は、固定電話自体を無くしてしまうことだ。だが、諸事情により固定電話が必要な家庭もある。

実家の固定電話はほとんど使用していない。だが、両親の親戚関係。両親の叔父や叔母と連絡を取るために必要らしい。私の両親の叔父と叔母だ。年齢は90歳前後だろう。なかなか『携帯へ掛けてくれ』とは言えないようだ。こうした事情から固定電話を無くせないらしい。

固定電話を無くせない理由は家庭により様々だろうが、ほとんど使っていないモノに固定費を払い続けるのは勿体ない。

固定費の見直しを

特に固定電話は長年契約しているので、感覚もマヒしているのではないだろうか?疑問を持たずに払って当たり前といった感じ。固定費が安くできるなら安い方が絶対に良い。

【おうちのでんわ】の料金体系

基本料金

基本料金基本料金(割引適用)
1,078円550円
月額の基本料金

基本料金は税込み1,078円。割引が受けられれば、税込み550円になる。

割引サービスは

  • でんわまとめて割

というサービスになります。

条件を満たせば『でんわまとめて割』が適用されます。

割引サービス『でんわまとめて割』を受けるには?

出典:おうちのでんわ公式より

割引を受けられる条件は

上記がいずれかに該当することが割引の条件となります。

ソフトバンク系のサービスを利用している人は是非検討してほしい。

ソフトバンク・ワイモバイルの携帯電話を使用していると割引対象

おうちのでんわは携帯電話を契約していると『でんわまとめて割』という割引が受けられます。

  • ソフトバンク
  • ワイモバイル

どちらのサービスでも割引対象となります。

SoftBank Airの利用していると割引対象

SoftBank Airを利用中の方も『でんわまとめて割』の対象となります。

SoftBank Airとは

ソフトバンク光とは違ったソフトバンクの通信サービスです。機器をコンセントに繋ぐだけ。工事いらずでWI-FIが使えるお手軽サービスです。

さらにSoftBank Airで『でんわまとめて割』を受けられますが、おうちのでんわを契約することでSoftBank Airも割引を受けることができます。

詳しくはSoftBank Airホームページをご覧ください⇒SoftBank Airサービス内容

ソフトバンク光は適用外だが【光電話(N)】が存在する

ソフトバンク光は残念ながら『でんわまとめて割』の対象とはなりません。

ですが、ソフトバンク光をご利用の方は

というソフトバンク光専用の固定電話サービスが利用できます。

こちらは光ファイバーを使ったサービスで、基本料金が月額550円で利用できます。ソフトバンク光をご利用の方はご検討ください。

オプション料金と通話料。コミコミの料金は?

おうちのでんわのオプションと料金

NTTと同じようにオプションも設けられている。

  • 着信番号表示
  • 番号通知リクエスト
  • 着信お断り
  • キャッチ電話
  • 着信転送

オプションも料金が掛かります。

オプション内容料金
着信番号表示440円/月
番号通知リクエスト220円/月
着信お断り220円/月
キャッチ電話330円/月
着信転送550円/月

となっています。

オプションパックという割引も存在して、

  • 基本料金+オプション2つで858円/月

で利用できます。

基本料金とオプションと割引を合わせた料金は

おうちのでんわのみでんわまとめて割ありでんわまとめて割あり
基本料金1,078円1,078円1,078円
でんわまとめて割-528円-528円
オプションパック474円
合計/月1,078円550円858円
税込み価格となります。

少し複雑ですが

  • おうちのでんわのみ 1,078円/月
  • でんわまとめて割があれば 550円/月
  • でんわまとめて割でオプションパックを利用すれば 858円/月

となります。

基本料金です

※通話料は別料金になりますご注意ください。

通話料金はいくら?

通話料金は通話先によって違います。

通話先料金
ソフトバンクサービスの固定電話無料
一般固定電話8.7839/3分
ソフトバンク携帯無料※条件有
ワイモバイル/他社携帯17.6円//分
PHS17.6円//分
国際電話国によります

※ソフトバンク携帯への無料通話はホワイトコール24への申込が条件です。申し込みが無ければ、17.6円//分となります。

詳しくは【おうちのでんわ】ホームページでご確認ください

電話機・電話番号はそのまま使用できる

出典:おうちのでんわホームページより

【おうちのでんわ】は電話番行も電話機も現行で使用しているものが使えます。

電話機を購入する費用が掛かったり、電話番号が変わって不便になるなどの心配はありません。

おうちのでんわは工事が不要で使用できる

出典:おうちのでんわホームページより

おうちのでんわは工事が不要です。

日程通りに機器を繋ぐだけで利用できます。

おうちのでんわ開通までの流れ

おうちのでんわを利用する流れとして

  • 契約を行う
  • ユニットが送られてくる
  • 指定日までにユニットの電源を入れる
  • 開通予告のお知らせがくる
  • 開通のお知らせがくる
  • 当日にユニットを電話につないで終了

特に難しいことはありません。

定期連絡も来る

実家に導入しましたが、指定日までに電源を入れるのを忘れていました。ソフトバンクから『電源が入っていない』とお知らせをくれました。ソフトバンク側から細かく連絡を入れてくれます。

おうちのでんわでFAXも使用できる

【おうちのでんわ】はFAXも使用できます。

FAXをご利用の際は、相手先FAX番号の前に「0009」を必ずつけてください。つけない場合は送信できません。ご利用のFAXの機種や通信状況により、正常に送受信ができない場合があります。

引用:おうちのでんわホームページより

おうちのでんわの注意点

NTT⇒【おうちのでんわ】に切り替える際に注意点があります。

  • 費用が掛かる
  • 停電時は使えない

この2点です。

初期費用が掛かる

  • NTT  解約費
  • おうちでんわ 開通費

がそれぞれ費用として掛かります。

NTT解約費

NTT解約費は工事費として請求され、2,000円掛かりました。

おうちのでんわ

【おうちのでんわ】の開通費も、

  • 事務手数料
  • 番号利用登録料
  • 番号継続登録料

がそれぞれ掛かります。

※申し込みタイミングのキャンペーン等で無料の場合もあります。

実家の例を挙げると、【おうちのでんわ】の開通費で2,000円程度だった。NTTの解約費と合わせて、4,000円程度が費用として掛かってしまいました。

停電時は使えない

【おうちのでんわ】は停電時には使用できないようです。

ユニットに電源が入らないと電波を受信できないためと思われます。そのため、子機に充電が有っても使用できません。

【おうちのでんわ】のメリット

わざわざ既存の契約を変更するにはメリットが必要。

おうちでんわのメリットは

  • 料金が安い
  • 設置場所の選択肢が広がる

この2点。

NTTより料金が安い

前述した通り料金が安い。基本料金はもちろんとして、通話料金も安くなる。最大のメリットだ。

設置場所の選択肢が広がる

ソフトバンク【おうちのでんわ】は携帯の電波を利用するのでモジュラージャックを必要としない。電源さえ確保できれば電話機を好きな場所に設置できる。

電源確保が条件だが、モジュラージャック必須よりは選択肢が広がるはずだ。

【おうちのでんわ】のデメリット

お勧めの【おうちのでんわ】だがデメリットも存在する。

  • ユニットが増える
  • ユニットの電源が必要
  • 緊急連絡時の通知番号が変わる

この3点だ。

ユニットが増えてしまう

【おうちのでんわ】の利用にはユニットを設置しなくてはいけない。ユニットを設置するスペースが必要となる。

縦横10センチ程度のスペースだが、使用状況によっては設置が困難な方も存在するはず。その場合は壁に簡易的な棚を設ければ解決できる。ユニット自体は軽いので100均で販売されている簡易的な棚で十分です。

ユニットを電話機の隣に置く必要はない。電話機とユニットを接続するケーブルが長いので1m以上の距離があっても問題ない。

ユニットの電源が必要となる。

どちらかというとユニットよりも電源が増えることが問題。

電話機からユニットへは電源は供給されない。ユニットは電話機とは別で電源を確保する必要がある。ユニットのアダプター自体は非常に軽いが大きさがそれなりにある。そしてコンセントを一つ奪ってしまう。家電だらけの現代社会でこれは大きなデメリット

緊急連絡時の通知番号が変わる

これは気にする必要はないと思うが、緊急連絡時の通知番号が変わってしまう。

119(警察)/118(消防)/118(海上保安部)へ連絡した際に、相手側に伝わる電話番号が変わるようだ。申し込み時の番号が割り当てられるので、緊急連絡時はその番号を伝えることになる。

ポイント

※通常の電話は通知番号は変わりません。現在使用中の電話番号がきちんと相手側に伝わります。

ソフトバンク・ワイモバイルショップでも契約可能

【おうちのでんわ】はソフトバンクショップとワイモバイルショップでも契約が可能です。インターネットでの申し込みは苦手な方でも対面で申し込めるので安心です。

開通の手続きだけではなく、NTT側へ解約の連絡もしてくれます。

私が行ったことは

  • 契約内容の確認
  • 注意事項の確認
  • 料金引き落としの契約
  • ユニットの設置

などだけです。

ポイント

契約には身分証明書などが必要です。詳しくは近くのショップへお問い合わせください。

スマホやWi-Fiとまとめて通信費を安くする

【おうちのでんわ】を利用するからには、その他通信費とまとめてお得に利用したい。

スマホはワイモバイルがオススメです。

おうちのでんわ、ワイモバイル、ソフトバンクairをまとめた料金は?

各サービスの料金基本料金と割引
おうちのでんわ基本料金1,078円
ワイモバイル基本料金2,178円
ソフトバンクAIR基本料金5,368円
でんわまとめて割-528円
おうち割 光セット(スマホ料金)-1,188円
Airとでんわでずーと割引-550円
合計6,358円

※ワイモバイルはシンプルプランMで算出しています。

  • 固定電話
  • スマホ
  • wi-fi

これらの基本料金が6,358円/月となります。

ご家庭の通信費と比較してみてはいかがでしょうか?

【ソフトバンクからワイモバイルへ】乗り換え後の料金。使用感をレビュー

続きを見る

固定電話代を節約しよう

固定費は料金も確認せずに払い続けている方も多いと思う。月々の支払額は大した額にはならないが、1年、数年、数十年と時間を重ねれば大きな出費となる。その出費を削減できれば効果は大きい。

固定費の削減は1度だけ重い腰を上げれば、永続的に効果を発揮してくれる。やらない手はない。

固定電話料金に悩んでいる方は検討してほしい。

こまでご覧いただきありがとうございました。その他の記事も是非ご覧ください。

その他、節約情報はこちら⇒宗蔵ライフ節約情報

商品レビューも行っています。⇒宗蔵ライフ買って良かった物

宗蔵ライフトップページ⇒宗蔵ライフトップページへ

-生活改善, 節約・副業・お得