株式・FX・暗号資産 節約・副業・お得

SBI証券の投信積立は三井住友(NL)カードで。投信積立のメリット・デメリット

2022年7月7日

SBI証券の投信積立は三井住友(NL)カードによる決済が可能です。

三井住友(NL)カード決済を利用するメリットとして

  • Vポイントの取得

があります。この記事で

  • Vポイント取得
  • クレジットカードの登録
  • 三井住友カード決済

それぞれの設定方法が分かります。それと

  • 投信積立のメリット・デメリット
  • カード決済のメリット・デメリット

を解説しています。

カード決済を導入したい方。投資信託の積立に興味のある方は是非ご覧ください。

引用:SBI証券公式チャンネル

Vポイントの還元率はどれくらい?

引用:SBI証券公式より
積み立て方法現金スタンダードゴールドプラチナ
1万/月0円50ポイント100ポイント200ポイント
3万/月0円150ポイント300ポイント600ポイント
5万/月0円250ポイント500ポイント1000ポイント
還元率0%0.5%1%2%

Vポイントの還元率はカードの種類によって違います。

三井住友カード(NL)カード。ナンバーレスカードであることが前提です。

三井住友カード(NL)についてはこちら

三井住友NL(ナンバーレスカード)年会費無料のお勧めクレジットカード

続きを見る

Vポイント取得の設定手順

初めにVポイント取得の設定をしてしまいましょう。

設定をしないとVポイントは取得できません。

ポイント

Vポイント取得を設定すると、その他のポイントは取得できません。ご注意ください。

Vポイントを受けとるには設定が必要

Vポイントを得るには設定が必要です。そして下記の手順を踏まないと設定可能なポイントにVポイントが表示されません。

Vポイント」が貯まる・使えるコースへの変更方法

まずはこちらのリンクから提携を申し込みます⇒Vポイントコース変更の申し込み

下までスクロールして注意事項を読んだ上で問題が無ければ、チェックを入れて【コース変更のお申し込みへ進む】をクリック。

クリック後にSBI証券のページへ進みます。

仲介口座変更の申込を行う

上記のページが表示されたら、内容を確認してスクロールしていきます。

規約の確認とパスワード入力を行う

問題が無ければ【上記の規約等を確認しました】にチェックをいれて、SBI証券の取引パスワードを入力。【上記に同意して続ける】をクリック。

仲介業者の変更を申し込む

最後に確認が入ります。【申込む】をクリックして申し込みましょう。

申込みの完了

申込の完了です。1,2日後にSBI証券ホームページに変更完了通知が届きます。

仲介口座変更手続き完了のお知らせ

【仲介口座の変更手続き完了のお知らせ】がトップページの重要なお知らせに届きます。

それと同時にトップページの左上に三井住友カードのロゴが記載されます。

最終手続き

お知らせを開いて、【Vポイントサービス登録の手続き】をクリック。

ポイントサービスの変更をする

ポイントサービスに飛ぶので【ポイントサービス詳細はこちら】をクリック。

メインポイントを設定する

【メインポイント設定】をクリック。

Vポイントの利用を開始する

Vポイントが選択可能となっているので、【利用を開始する】をクリック。

規約の確認

規約の確認を行った後に、チェックを入れてパスワードを入力。

Vpassへログイン

Vpassへ飛ぶのでログインする。

ログインカードの選択

ログインカードを選択します。

※カードを1種しか持っていない場合は表示されない可能性があります。

サービスへの同意

最後に注意事項等の確認があります。

問題が無ければ【同意する】をクリック。

Vポイントサービス利用の完了

これでようやくVポイントの設定完了です。お疲れさまでした。

クレジットカードの登録設定手順

続いてクレジットカードの登録です。

公式に設定方法が記載されています⇒クレジットカード設定手順

公式の手順で設定できなかったら下記の手順をお試しください。

クレジットカード登録開始

SBI証券トップページの投信タブを選択。

クレジットカード登録へ進む

クレジットカードを登録する

クレジットカード管理画面からカードを登録するをクリック。

規約の確認を行う

規約の確認をした後にチェックを入れてパスワードを入力。【同意して本人確認へ】をクリック。

Vpassへログイン

Vpassへログインします。

注意事項等に同意する

注意事項などを確認して【同意する】をクリック。

本人確認完了

下4桁の番号が表示されます。ご自身のカード番号と一致していれば、【カード番号入力】をクリック。

クレジットカード番号を登録する

クレジットカード番号を登録します。入力後に【次へ】をクリック。

カード番号の確認

カード番号の確認を行います。間違えが無ければ【次へ】をクリック

クレジットカード登録完了

これでクレジットカードの登録が完了です。お疲れさまでした。

ポイント

三井住友(NL)カード以外も登録は可能です。しかし、Vポイントは取得できないのでご注意を。

SBI証券。三井住友(NL)カード決済の設定手順

Vポイントの設定。クレイジットカードの登録が完了したら、最後に投資信託の積立設定を行います。

公式から積み立て手順がこちら⇒クレカ積立の設定・確認

※下記は私が実際に行った積立設定です。参考にどうぞ。

投資信託を選択する

SBI証券トップページから【投信】⇒【銘柄検索・取扱一覧】

検索やランキングを参考にするなどしてファンドを選択してください。

買付方法を選択

買付の選択を行います。

定期積立を行う場合は【積立買付】、【つみたてNISA買付】を選択。

決済手段と金額を入力

クレジットカードを選択して積立金額を入力。

ポイント

カードによる積立は5万/月までになります。複数のファンドを選択したい方は計算して設定を行ってください。

目論見書等の確認を行う

目論見書などの確認を行い【確認画面へ】をクリック。

設定する

取引パスワードを入力して【設定する】をクリック。

これで設定完了です。お疲れさまでした。

積立状況の確認は【かんたん積立】アプリで

SBI証券で設定した投信積立はアプリから確認できます⇒かんたん積立アプリ

視認性も良く損益確認もできます。是非ご利用ください。

パソコンからも

トップページの【投信】タブ⇒【設定一覧】をクリック。

こちらから

  • 購入ファンド
  • 買付日
  • 買付方法

などが確認できます。

積立設定後は確認を

投信積立の設定後は一度は確認を行いましょう。

SBI証券投信積立カード決済のメリット

【積立投資のメリット】と【三井住友カード投信積立】のメリットをご紹介します。

積立投資のメリットは

  • 投資の手間がかからない
  • 投資タイミングを計る必要がない
  • ドルコスト平均法を自然導入できる

などが挙げられます。

三井住友カード投信積立を選ぶ理由は

  • Vポイントが取得できる

といったメリットからです。

投資に時間を取られない

投信積立は一度設定を行えば、設定したタイミングで自動で投資を行ってくれます。

本業で投資の時間が取れない人も多いでしょう。そんな方々の強い味方です。

投資タイミングを計る必要がない

投資タイミングを計る必要が無い。これは大きいです。自分で投資しようとすると、どうしてもタイミングを見計らってしまいます。

できる限り利益は大きく狙いたいものです。

その結果として、

  • 万年見ているだけ
  • タイミングを逃して急騰してしまった

などもあります。

底では買えない

投資のタイミングを計るのは難しいです。自動で購入してくれるのは有難いです。

ドルコスト平均法を自然導入できる

投資手法の一つに【ドルコスト平均法】があります。

ドルコスト平均法とは

  • 一定の期間毎に一定額を投資していく手法

になります。その効果としては

  • 株価は上下するもの
  • 一定間隔で投資を続ければ
  • 上の価格でも下の価格でも購入できる
  • 購入価格は平均的な価格となる
  • 長い目で見れば株価は上昇するので利益となる

簡単な説明になりますが、こういった効果があります。

長い目で見て株価が上昇していくことを前提として考えれば、非常に理にかなった投資手法と言えます。

いつ上がるかは分からない

問題はいつ上がるか分からないことです。一時的に損失が膨らんだり、効果が出るまで10年以上かかる場合もあります。

投資信託クレカ積立のデメリット

SBI証券のクレカ積立にはデメリットも存在します。

  • タイミングが計れない
  • 毎日投資。毎週投資が選べない
  • 日付が選択できない
  • 月の積立は5万円まで
  • 一時的に損失が膨らむ場合も

など問題が存在します。

投資のタイミングが計れない

投資のタイミングを取る必要が無い。これはメリットと同時にデメリットにもなります。

積立投資を半分否定することになってしまいますが、自動積み立てを設定すると日程通りに決済されます。

大幅下落が見えていても決済されてしまいます。

ポイント

自分で買い付ければタイミングが計れます。自信があるなら自分のタイミングで買うのも良しでしょう。

毎日投資、毎週投資は選択できない

カードによる積立は月に1度の投資となります。

積立投資。つまりドルコスト平均法を用いるなら、もっと分散した方がよいです。

  • 上昇し続ける
  • 投資日にピンポイントで下落する

都合よく上記の事象が起これば月一投資はリターンが大きいです。しかし、そう都合よくはいかないでしょう。

毎日とは言いませんが、できれば隔週で投資ができればベストでした。

現金投資なら

現金投資なら、毎日投資、毎週投資も可能です。

日付の選択ができない

SBI証券のカード積立は日付が選択できません。

毎月1日に固定されています。日付の指定をしたい方もいらっしゃるでしょう。

楽天証券なら日付の選択は可能

楽天証券なら日付の選択が可能です。しかし、どちらにしてもカード積立は月一の投資になります。

カードによる積立は5万/月まで

SBI証券のカード積立は月に5万円までになります。

投資に力を入れたい方は、もっと購入したいでしょう。しかし、カードによる投信積立は5万/月まで。それ以上は現金で積み立てることになります。

一時的に損失が膨らむ場合もあります

前項でドルコスト平均法に触れましたが、デメリットとして下落相場では損失が膨らみ続けます。

その損失に耐えられずに積み立てを辞めてしまう方も多いようです。さらに、株価の上昇はいつ来るかもわかりません。10年以上耐える必要がある場合もあります。

運の要素も強いことも理解しておく必要があります。

【4%ルールとFIRE】セミリタイア民が考える失敗と実践する価値

続きを見る

楽天証券の投信積立と併用する

引用:楽天証券公式より

カードによる積立を多くしたい方は楽天証券の投信積立と併用してみては如何でしょうか?楽天証券でも5万/月までなら楽天カードによる積立が可能です。

※楽天カードによる積立の還元は0.2%となります。

楽天キャッシュなら

楽天キャッシュによる投信積立なら0.5%還元となります。設定の手間がありますが導入する価値はあります。

楽天証券【楽天キャッシュ決済で投信積立】積立方法とメリット・デメリット

続きを見る

投資は長い目で見て

積立投資は長期投資です。そして積立投資にはそれほど高い投資能力は必要ありません。※もちろん無いよりは有った方が良いです。

積立投資に必要な能力は

  • 下落相場で投資を続ける胆力
  • 株価低迷中も投資を続ける根気

が求められます。

株価の低迷などで損失を抱えてしまうと積立を辞めてしまう方も多いです。私も経験はありますが含み損を見るのは本当に辛いです。そこに資金を投入し続けるのは相当難しいです。

ただ、例として

  • 10年間株価が右肩上がり
  • 9年間低迷して10年目で株価が急上昇

10年目の株価が同じと仮定すれば、リターンは2の方が圧倒的に高い。

このことを頭に入れておけば株価低迷時も投資に希望が持てるでしょう。ただし、株価はいつ上昇するか誰にも分からないことをお忘れなく。

こちらの記事でも積立投資について触れています。

楽天証券【楽天キャッシュ決済で投信積立】積立方法とメリット・デメリット

続きを見る

三井住友カード(NL)についてはこちら

三井住友NL(ナンバーレスカード)年会費無料のお勧めクレジットカード

続きを見る

-株式・FX・暗号資産, 節約・副業・お得