ミニマリスト 生活改善

【ミニマリストにオススメの文房具】コンパクトで可愛いミドリXSシリーズ 

2022年7月20日

文房具。それは生活必需品ではないが、いざという時に無ければ困る物。

基本的に文房具は一つの道具に一つの機能しか有していません。それぞれの場面に対応するためには複数の文房具が必要です。引き出しに入れても、一式揃えるとなるとスペースを取ります。いざという時のためにそれを持ち歩くとなるとかさばります。

そんな悩みを軽減してくれる文房具を紹介します。

デザインフィル ミドリXSシリーズの魅力

株式会社デザインフィルより販売されている文房具ブランドのミドリ。そのミドリからXSの名を冠したシリーズが販売されている。

そのXSシリーズが大変魅力的。個人的には文房具にはさほど興味はありません。しかし、このXSシリーズには魅力を感じて複数購入したので紹介いたします。

魅力はズバリそのサイズ感です。XSの名の通り非常に小さい。それでいて文房具としての機能はキチンと兼ね備えている。その小さな身体できちんと仕事をしてくれるのです。

小さいボディに機能を備えているロマン溢れる製品となっています。

しかし、小さいが故にのデメリットも製品ごとにあります。その点も包み隠さずレビューします。

また、今回はXSシリーズ以外の製品も紹介します。どれもロマン溢れる製品です。是非ご覧ください。

小さな文房具は会社員にオススメ

職種にもよりますが、社会人になれば文房具を必要とする場面は少ないです。私は社会人時代は工場に勤めていたこともあり、使用する機会は多くありませんでした。

現場から離れてデスクワークになっても、それは変わらず。ただ、使用する場面が少ないだけであって、使うことはあります。職場に供用の文房具は用意されています。しかしデスクから離れる時間が惜しい。

かと言って、いつ使うか分からない文房具をデスクに備えておくのも邪魔です。デスクワークと言っても製造業ですから、図面やサンプルでデスクは溢れています。

そこで、少しでも小さい文房具が欲しくて探したところ【ミドリXSシリーズ】にたどり着きました。

無印良品のペンケースに全て収まる小さなサイズ

文房具類は結構かさばります。

ミドリXSシリーズの文房具なら無印良品のペンケースに全て収まります。

ポイント

一か所に文房具が片付けられるので紛失の心配もありません。一か所に集めることで必要時に探すロスも無くせます。

ミニマリストにもオススメの文房具

XSシリーズはミニマリストにもオススメ。

書籍やブログを通してミニマリストについては理解はあるつもりです。その上でXSシリーズの文房具をオススメします。

文房具は一式揃えると結構スペースを取ります。視認性を重視してか色合いが落ち着いていない場合も。対してXSシリーズは場所も取りません。色合いも落ち着いています。シリーズ物なので統一感も抜群です。

家庭に置いておいて、いざという時に使う文房具としては十分ではないでしょうか。

【セミリタイアを目指すなら参考にしたい】ミニマリストから学ぶ節約術!

続きを見る

小さいハサミ【XSコンパクトハサミ】の特徴

XSコンパクトハサミの特徴

メリットは

  • 携帯時は刃が隠れている
  • スプリングが利いている

携帯時に刃が隠れているので安心です。

ハサミ形状の場合はスプリングが利いていて、常に開く力が働いています。一般的なハサミのように自分で開閉する必要がありません。閉じるだけでザクザク切れます。

刃を隠すことが可能

携帯時はカッターのような形状をしています。

刃をスライドさせることでハサミ形状へと変化します。

XSコンパクトハサミのデメリット

デメリットは

  • 刃渡りが短い

刃渡りが一般的なハサミの半分程度です。

一度の開閉で切れる量は一般的なハサミの半分以下。大仕事はできない。また、長時間の使用は不向き。あくまで携帯用の域は出ません。

小さいホッチキス【XSコンパクトホッチキス】の特徴

XSコンパクトホッチキスのメリット

メリットは

  • 一般的な針が使用できる

一般的なホッチキスの針が利用できます。

これだけコンパクトなのに専用の針を購入する必要がありません。

XSコンパクトホッチキスのデメリット

デメリットは

  • 針の容量が少ない

コンパクトボディ故に針の容量が少ないです。

大量に資料をまとめる場面には適しません。また、一般的なホッチキスと違い指先で使用します。長時間使用すると一般的なホッチキスより疲れます。

小さいテープ【XSテープカッター】の特徴

XSテープカッターのメリット

メリットは

  • テープカッターが金属
  • カッターからロールまで保護されている

テープカッターが金属製でよく切れます。

カッターからテープロールまでが保護されていて、引き出されたテープにゴミが付かない。

XSテープカッターのデメリット

デメリットは

  • テープ幅が狭い
  • 予備のテープが割高

が挙げられます。

テープ幅が狭いです。幅が12mmです。粘着力も強力ではありません。さらに、特殊形状に合わせた、予備の替えテープが必要です。これは正直言って割高です。

小さいカッター【XSカッター】の特徴

XSカッターの特徴

幅は一般的なカッターと変わりません。長さを極限までコンパクトにした品です。

使用感を考えなければ、いくらでも短くすることは可能です。このXSカッターは一般的なカッターと変わらない感覚で使用できる最短の長さまで削っている品です。

長さが絶妙で、ギリギリ一般的なカッターと同じく使用できます。

XSカッターのデメリット

デメリットは

  • 替刃が短い

替刃が非常に短いです。

頻繁に使う方はすぐに刃交換となってしまいます。

小さいメジャー【XSメジャー】の特徴

XSメジャーのメリット

メリットは

  • 表裏にメモリがある

表裏にメモリが記載されています。表裏を気にせずに使用できます。

XSメジャーのメリット・デメリット

・デメリットは

  • 特になし

XSメジャー特有のデメリットは特にないです。本当に一般的なメジャーをコンパクトにした製品です。

小さい定規【ミドリ マルチ定規】の特徴

マルチ定規の特徴

メモリ16cmの筆箱に入るサイズの普通の定規。

開閉機構自体はシッカリしています。勝手に開いてしまうようなことはありません。

マルチ定規のデメリット

デメリットは

  • 開閉が必要であること

使用する長さが短ければそのまま使用できるが、長さを必要とする場面では開閉が必要となる。

最初は開閉が面白いですけど、頻繁に開閉するようだと面倒です。

細い作業に適した【ミドリ ペンカッター】の特徴

XSシリーズではありませんが、コンパクトなカッターです。

XSシリーズは長さに着目したコンパクトさでした。こちらは細さです。ボールペンのような細さのカッターです。

文字を書くのと同じ感覚でカッターが使えます。

カッターの刃が細く、ペン感覚で扱えるので細かい作業を行うのに適しています。

段ボールの開梱に【ミドリ ダンボールカッター】

ダンボールカッターという名前ですが、用途は段ボールの開梱に使います。刃はセラミックでできています。

段ボールを閉じているガムテープをセラミック刃で切り裂くロマン溢れる一品です。

刃なので紙を切ることも可能。『カッターの下位互換ぽい』とツッコみを入れるのは野暮というもの。

セラミックの刃なので錆びることはありません。個人で使うには一生モノの一品です。

手紙の封を開けるには【セラミック レターオープナー】

こちらは株式会社デザインフィル商品ではありませんが文房具つながりで紹介させて頂きます。

レターオープナーといって手紙の封を開封するための道具です。溝にセラミックの刃が付いています。

封筒の端をレターオープナーに噛ませてスライドさせると封を切ることができます。

先程のダンボールカッターと同じです。封筒を開けるためにセラミックの刃を使用する贅沢使用。さらに、手紙の封を開ける以外に使い道が無いとうロマン溢れる一品。

しかも、内容物を一緒に切ってしまう恐れがあるという緊張感も味わえます。

高い安全性と品質

ふざけましたけど安全性は高いです。

溝は指が入らない細さなので、お子さんが刃に触れる心配もありません。セラミックの刃は5,000回使用できるとされています。個人で使うには一生モノでしょう。

小さく便利なXSシリーズ

文房具は破損しなければ半永久的に使えます。

その証拠に子供の頃から使用している文房具があるのではないでしょうか?ご本人が使用していなくても、実家に帰れば懐かしの文房具が現役で活躍している家庭も多いはず。

日常生活では全く縁が無い方も、ふとした時に使用する場面があるはず。ロマン溢れるXSシリーズでそんなときに備えませんか。

ご覧いただきありがとうございました。他にも商品レビューを行っています。ご覧いただけると幸いです。⇒宗蔵ライフ商品レビュー一覧

宗蔵ライフー週刊セミリタイア⇒トップページへ

-ミニマリスト, 生活改善