資産・運営情報

【日経平均株価。今年最安値更新】私の総資産も安値更新

2022年3月7日

3月7日に日経平均株価が暴落。-746円(-2.94%)の2,5221円になった。一時は2,5006円まで下落して2,5000円割れ目前だった。これにより今年の最安値を更新。

マザーズも-32.70(-4.51%)と4%を超える下落幅。最安値ではないがリバウンドが期待されていた中で、この下げはキツイ。

Twitterからは溜め息が聞こえていた。

私も他人ごとではない。日経平均最安値に伴い、セミリタイア後の総資産も最安値を更新してしまった。3月に入り、支払いが重なったこともあるが寂しい限りだ。

項目現金証券口座電子マネーイデコ総資産
資産残高31,065,65914,734,95881,1033,924,67649,806,396
2022年3月7日時点

だが株価が下落したが相変わらず多くの現金を抱えたままだ。少しづつ株に変えていきたいが、どうしても大底を狙ってしまう。頭では無理と分かっているが買えない。というか、もっと下落するのを期待してしまっている。

どうせ素人がタイミングを計ったところで当たらないだろう。さらなる下落を覚悟して、少しづつ大型株に変えていこうか考えている。

一時的に資産が大きく下落するかもしれないが、将来的にはその方がよい気もする。現金を株式に変えて、どうにかして配当金を得たい。

前回の総資産

【セミリタイア資産確認とブログ運営状況】2022年2月末。

続きを見る

相場観が無さすぎる問題

1605 INPEXチャート

1605 INPEXが大幅続伸している。価格は1,428円。この株は去年の夏ごろに取得単価800円程で購入していた。その後に700円近くまで下落。含み損に耐えるだけ耐えた。株価が戻ったら、やれやれ売りで売却してしまった。その後に大幅続伸。

8591オリックスや8031三井物産でも同じことをしてしまっている。

リートも酷い。8951日本ビルファンド、8951ジャパンリアルエステイト。両方とも平均取得単価50万~55万程度で購入していた。一応、利益は出たが私が売却した直後に70万まで上昇した。

  • 購入する
  • 下落する
  • 含み損に耐える
  • 株価が戻る
  • やれやれ売りをする
  • 株価が続伸する

サラリーマン時代からこれを繰り返している。

かといって株価が戻った際に売らないと再度下落していく。相場観が無さすぎる。まさにダメトレーダーだ。

売買に慣れていくしかない

かといって、いつまでも指を咥えて見ているワケにはいかない。私の総資産と現状からすれば、やらなくてはならない。

売買になれなくてはいけない。本日から日課を課す。

  • 日本・アメリカの株価指数を分析する
  • 業種別指数を分析する
  • 500銘柄ほどチャート分析を行う

これで結果が出るかは分からない。それ以前問題もあるし。でも何もやらないよりマシ。何かしら行動していかねばならない。

3月度【総資産・ブログ運営状況】セミリタイア生活。祝1周年!

続きを見る

-資産・運営情報