生活改善

MTG製品【SIXPAD・ReFa・PAO】効果はあるのか?メリット・デメリットは?

2022年7月29日

MTGという会社をご存じでしょうか?主にトレーニング器具や美容製品を扱っています。腹筋を鍛える器具のシックスパッドはご存じだと思います。そのシックスパッドを販売している会社です。

今回の記事ではシックスパッドを販売しているMTGの製品を複数レビューいたします。

余談ですが、その【SIXPAD】は商品名ではなくブランド名です。皆さんが思い浮かべる製品は【SIXPAD】ブランドのabsFitという製品になります。

そして、その【SIXPAD】からは多くの製品が販売されています。また、MTGにはSIXPADだけではなく

  • ReFa
  • NEWPEACE
  • Style
  • etc.

などの多くのブランドが存在します。どれも魅力のある製品が揃っています。

今回レビューする商品はオススメ順で

  • SIXPAD トレーニングバンド
  • ReFa ローラー
  • フェイシャルフィットネス PAO
  • SIXPAD トレーニングマット
  • SIXPAD プッシュアップバー
  • SIXPAD Abs Fit
  • SIXPAD エクササイズバンド

となっています。

SIXPAD Abs Fitの順位の低さが気になる方も多いはず。記事内で理由もご説明いたします。

MTGの製品は非常にスタイリッシュでオシャレです。シックスパッドのプロモーションに世界的なサッカー選手を起用して、世間の注目を集めるなどマーケティングも上手い印象です。

MTG製品にはデザイン料やブランド料。広告料も含まれていることでしょう。そのため他のメーカーより高めの価格設定です。今回はMTG製品の魅力ついて語るため、他のメーカーの方が安い等のレビューは行いません。

ポイント

あくまで魅力のあるMTG製品の中でオススメは?といった視点の記事です。ご了承ください。

SIXPAD トレーニングバンドの効果とメリット・デメリット

まずはSIXPADブランドのトレーニングバンドです。一番のお勧め品です。

商品を簡単に説明するとゴム製の大きな輪です。ゴムの反発を利用した、いわゆるチューブトレーニングをする道具です。

特徴

・いつでもどこでも、筋肉トレーニングをサポート。

・快適にトレーニングできる、滑りにくいラバー素材を採用。

・さまざまなトレーニングに応用しやすい、取っ手のないシンプルな形状。

使用方法

・両端を持って引っ張ったり、両足に掛けて広げたり、反発するゴムの負荷に逆らうことで、いつでも手軽に筋肉トレーニングが行えます。

引用:MTG公式より

お勧めの理由は

  • ストレッチもできる
  • 邪魔にならない
  • 安い

などが挙げられます。

全身のストレッチにも使える

チューブトレーニングだけではなくストレッチにも使えます。

バンドを持って背面で腕を伸ばすと気持ちがいいです。足も掛けられるので下半身のストレッチできます。

保管にスペースを取らない

トレーニング器具に共通して言えることは保管場所に困ることです。ですが、このトレーニングバンドは場所を取りません。まとめれば引き出しに収納もできます。

私は壁に掛けています。肩が凝ったらストレッチをしています。

トレーニングバンドは安いのでオススメ

SIXPADブランドの製品は料金設定が高めです。気軽に手が出せない価格に製品もあります。その中に混じってトレーニングバンドは税込み2,200円です。手が出しやすい値段です。

ただのゴムバンドに2,200円は高いと感じる方も多いかもしれませんが、使用頻度を考えると決して高い買い物ではありません。

デメリットは強弱の調整ができないこと

デメリットはゴムの強度が選択できないこと。1種類しかありません。

私はジムに通っていますが、健康志向で筋トレガチ勢ではありません。このトレーニングバンドは私で丁度良い強度です。筋力に自信がある方には物足りないと思われます。

それでもストレッチ目的なら使用はできるのでオススメです。

ReFa ローラーの効果とメリット・デメリット

こちらは美顔ローラーです。SIXPADブランドではなく、ReFaというブランドの製品です。美顔ローラ―ですが全身に使えます。公式でも推奨されています。

出典:株式会社MTG 公式movie channelより

この製品のメリットは

  • 気持ちがいい
  • 気楽に使える
  • 片手間に出来る
  • どんな体制でも使える
  • 半永久的に使用可能

が挙げられます。

ReFa ローラーは気持ちがいい

ReFa ローラーの目的は肌質の向上です。しかし、それ以外にも恩威があります。

肌をつまんでマッサージしている形になるので、使っていて気持ちがいい。これは嬉しい付随効果です。気持ちがいいので、つい長時間やってしまいます。

ReFa ローラーは片手間で気軽に出来る

ReFa ローラーは気軽に使えます。これは非常に大きいです。

どんなに効果がある優れた製品でも

  • 準備が面倒
  • まとまった時間が必要
  • 動作が疲れる

などの理由があると使わなくなってしまいます。

その点は【ReFa ローラー】は安心できます。

  • 準備間ゼロ
  • ながら作業OK
  • 楽にできる

と3拍子揃っています。

【ReFa ローラー】はついでに使える

ReFa ローラーはついでで使用ができます。基本的には片手でローラーを転がすだけです。

  • 映画を見ながら
  • 動画を見ながら

などが可能です。

他のトレーニングなども別作業と同時に行うことは可能です。しかし、トレーニングが主体作業になるはずです。ローラーは何かのついでに転がしてれば良いのです。

お風呂上りに映画や動画を見ながら、適当に肌に当てていれば効果があります。

【ReFa ローラー】は楽にマッサージができる

ReFa ローラーはトレーニングよりもエステ。自分で行うエステと言った感じです。筋力を使いません。仕事で疲れていても使用できます。

むしろ疲れているとマッサージになるので気持ちがいいです。

ReFa ローラー半永久的に使用可能

ReFa ローラーは単体で使えます。クリームが必要とかはありません。ランニングコストはゼロです。金属製品でベアリングの動きも滑らかです。

強い衝撃を与えたりしなければ半永久的に使えるでしょう。私はお爺さんになっても使っているつもりです。

※密着性を高めるクリームはMTGより販売されています。ただ、クリームが無くても使用は可能です。

ReFa ローラーは値段が高め

ReFa ローラーがオススメ順でトレーニングバンドに劣る理由は値段です。

2万円台。高いと3万円を超えます。

お試しで購入するには高いですね。その点がデメリットです。ただし、私のように手放さずに長期間使用すれば元は取れるでしょう。

フェイシャルフィットネス PAO(パオ)の効果とメリット・デメリット

こちらは【WELLNESS】というブランドのようです。製品名は【FACIAL FITNES pao】通称パオです。

皆さん見たことがあると思います。同時に『こんなモノを勧めるなよ・・』と思われたかもしれませんね。私も初めてPVを見た時に笑いました。

出典:MTG公式チャンネルより

そんなお笑い要素がある製品パオですが、今は愛用しています。

愛用している理由は

  • 頬を確かに鍛えられる
  • ほうれい線予防になる
  • 短時間で済む

これらの理由から。

パオは頬を鍛えられる

一見するとふざけた製品です。しかし、頬の筋肉はかなり鍛えられます。

真面目にやると頬の筋肉がかなり痛くなります。鍛えられている実感があります。

しわ・たるみ・ほうれい線予防となる

パオで頬を鍛えることで

  • シワ
  • たるみ
  • ほうれい線

を予防できます。

40歳前後になると個人差が出てきます。私は鏡を見ても、しわ・たるみ・ほうれい線。この3つは気になりません。パオで鍛えているからかもしれません。

パオを使ったトレーニングは短時間で済む

公式ではパオの使用は1日30秒✕2回とされています。一日のトレーニングが60秒で済むのです。私がサラリーマン時代も継続できた理由の一つです。

『そんな短時間で意味があるのか?』と思われるかもしれないですね。しかし、真面目にやると30秒がキツイです。60秒やれば十分効果が実感できます。

マウスホールドは着脱可能。重りも調整できるパオは家族で使える。

口で咥える部分。マウスホールドは着脱可能。予備も販売されているので家族で使用ができます。

重りも調整できるので自分に合った重量で鍛えられます。

FACIAL FITNES paoのデメリット

  • 保管にスペースを取る
  • 使用している姿はちょっと・・

といった感じです。

保管スペースが必要

先にオススメした【トレーニングバンド】【Refaローラー】は保管にスペースを必要としません。引き出しにも入れられます。大してパオをスペースを取ります。長物なので引き出しには入りません。

私は毎日使うのでトレーニングバンド・ReFaローラーと一緒に壁に掛けています。

パオを使用している姿はちょっと・・

デメリットとは違うかもしれませんが、PVで行っている動作を自分が行うことになります。かなりマ〇ケです。

私は気合を入れて鏡の前でやってますけど・・・

SIXPAD トレーニングマットの効果とメリット・デメリット

SIXPADブランドのトレーニングマット。

筋トレやストレッチの際に活用します。非常に薄いマットですが、一枚敷だけで床の固さから身体を守ってくれます。

出典:MTG公式より

特徴

・滑りにくいTPE素材を採用し、安心のトレーニングをサポート。

・丸めてコンパクトに収納できる、結束用のバンド付き。

・水拭きできるので、お手入れ簡単。

使用方法

安心してトレーニングできる、滑りにくい素材を採用。トレーニングやエクササイズをサポートする、スタイリッシュなマットです。

引用:MTG公式より

身体の保護に使用することが目的です。自宅でエクササイズを行う際に、床の固さを感じる方に導入を勧めます。これを敷くだけで全く違います。

トレーニングマットの質感は高い

ただのマットですが質感は高いです。

マットの素材はTPEです。柔らかく肌に優しい。表面にはSIXPADのロゴが散りばめられています。裏面には細かい凹凸があり、滑り止めとして機能します。

SIXPAD Push Up Bar(プッシュアップバー)効果とメリット・デメリット

SIXPADブランドのプッシュアップバー。腕立て伏せの効果を上げる器具です。

デザイン性も高くカッコいいです。

出典:MTG公式より

特徴

・肩の可動域が広がることで、より効果的な腕立て伏せが可能。

・握りやすいグリップを採用し、トレーニングをサポート。

・シンプルでスタイリッシュなデザイン

使用方法

・グリップを握ることで手の位置が高くなり、肩の可動域が拡大。より効果的に、ベーシックなトレーニングである腕立て伏せが行えます。

引用:MTG公式より

プッシュアッパーを使用することで、腕立て伏せをより効果的に行うことが出来ます。

Push Up Barは少し細い

表面はニトリルゴム製。

適度に柔らかく、握っていて痛みなどは感じません。

デメリットは持ち手部分が細い事。デザインを重視した結果なのか?人体構造的に適した太さなのかは分かりません。握った際に細く感じます。もう少し太い方がトレーニングしやすいと感じています。

腹筋を始め全身を鍛えるSIXPAD Abs Fitの効果とメリット・デメリット

ここで皆さんがお待ちかねのSIXPADが登場です。※正確にはSIXPADブランドのAbs Fitという商品です。シックスパッドの方が伝わりやすいのでシックスパッドと呼びます。

シックスパッドシリーズについては簡単に説明すると

  • 20Hzの高周波による電気刺激で筋肉を刺激し鍛える

といった製品です。この20Hzがポイントのようです。

辛いトレーニングを行わずに筋肉が鍛えられる夢のような製品です。

そんな夢の製品であるシックスパッドのオススメ順位が低い理由は

  • 効果が低い
  • ランニングコストが高い
  • 時間が掛かる

これらの理由から。

シックスパッドは効果が非常に低い

私が言うまでもなく想像はできますよね。これで腹筋を始めとする筋肉が鍛えられるのなら苦労はしないです。普通に筋トレした方が良いです。

いきなりの酷評ですが、一応効果はあります。ただし、その果が非常に低い。

  • 腹筋運動 効果10
  • Abs Fit  効果1

こんな感じです。

腹筋運動は負荷や回数に左右されますが確実に鍛えられます。対してAbs Fitはリハビリ程度にしかならいと感じます。何もやらないよりマシって感じですね。

ランニングコスト(ジェルシート)が高い

Abs Fitはランニングコストが高い。継続するのにお金が掛かります。

他の商品は購入後は追加料金は掛かりません。購入費用のみで半永久的に使用が可能です。対してAbs Fitはジェルシートを購入する必要があります。

毎日使用するとなると1か月で交換となります。

交換せずに劣化状態で使用を続けることは可能です。しかし、ただでさえ効果の薄いAbs Fitの効果がさらに低下します。

他社が出している代替品は存在しますけど。

ジェルシートは必ず純正品を使用してください。純正品以外を一度でも使用した場合は、保証の対象外とさせていただきます。純正品以外を使用して発生したトラブルについては一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

引用:MTG公式より

だそうです。

トレーニングに時間が必要

公式からトレーニングは1回のプログラムで23分とされています。

23分使って殆ど効果はありません。普通に腹筋運動や腹筋ローラーを5分行った方が良いでしょう。

シックスパッドは筋トレの第一歩を踏み出したい人にオススメ。

出典:MTG公式より

酷評しまくりでしたがシックスパッドを使用するメリットはあります。

  • 筋トレに対して意識が高まる

これは確実に言えます。

器具に頼っているといってもトレーニングは行っています。何も努力しない人とは比べ物になりません。0と1は全く違います。

またシックスパッドをきっかけに筋トレや運動に対する意識が高まることもあります。実際に私がそうでした。ジムに通っていますが、最初の筋トレはシックスパッドでした。毎日使って意識が高まりました。

筋トレをしたいけど踏み出せない人は、まずはシックスパッドを購入するのも有りかもしれませんね。

ジェルシート不要のシックスパッド SIXPAD Powersuit

ジェルシートの交換費用がネックのシックスパッド。新製品でジェルシート不要の製品も販売されています。

出典:MTG公式

ベルトタイプの製品で、その名は【シックスパッドパワースーツ】

  • パワースーツアブス
  • パワースーツコアベルト
  • パワースーツヒップ&レッグ

と展開されています。

刺激を与える部位は

  • アブス 腹筋
  • コアベルト 腹筋・脇腹・背筋
  • ヒップ&レッグ ヒップ・太もも

となっている。

シックスパッドが気になる方はこちらと比較して検討してみては如何でしょうか?。

SIXPAD エクササイズバンドの効果とメリット・デメリット

最後はSIXPADブランドのエクササイズバンドとなります。

商品としての機能は

特徴

・疲れがたまりやすい肩甲骨まわりのストレッチをサポート。

・伸ばす強度の目安になる、上下に移動するシリコン製のパーツ付き。

・いつでもどこでも使えるコンパクトサイズ。

・負荷に合わせて選べる2タイプをラインナップ。

使用方法

・両端を持ち背面で腕を広げたり閉じたりすることで、肩甲骨まわりのストレッチをサポート。適度な強度で伸ばすことにより、肩まわりの筋肉を緩めます。

引用:MTG公式より

との説明がある。主に【肩甲骨まわりのストレッチをサポート】する製品です。

便利で気持ちがよさそうなアイテムですが、

  • トレーニングバンドの下位互換
  • 汚れやすい

などの特徴があります。

トレーニングバンドの下位互換

オススメしたトレーニングバンドの下位互換商品でしかありません。

同じことがトレーニングバンドでも出来ます。しかも値段が高い。チューブトレーニングをするには短すぎる。トレーニングバンドに出来ることが出来ません。

汚れやすい

本体が非常に汚れやすいです。埃やゴミなどが付着しやすい材質加工となっています。

トレーニングバンドの下位互換なので不要になり捨てました。汚いのでメルカリに出品もできずゴミ箱行きとなりました。

洗えば綺麗にはなります。すぐ汚れてしまいますけど。

SIXPAD エクササイズバンドをオススメしたい方

トレーニングバンドの下位互換と言ってしまいましたがメリットも有ります。

  • 肩甲骨はストレッチできる
  • 素材がシリコン樹脂

の2点です。

SIXPAD エクササイズバンドで肩甲骨のストレッチを

エクササイズバンドは素材がシリコン樹脂です。対してトレーニングバンドはゴム。ゴム製品が苦手な方はこちらの方が良いでしょう。触った感触もこちらの方が良いです。

肩甲骨のストレッチに特化した製品なので、その点は使い勝手も良いです。

魅力のあるMTGの製品。今後にも期待したい。

MTG製品を7点レビューしてきました。製品の魅力が少しでも伝われば幸いです。

オススメは

  • SIXPAD トレーニングバンド
  • ReFa ローラー
  • フェイシャルフィットネス PAO

毎日使用すれば元は取れます。

自宅でトレーニングをしていて効果を高めたい人は

  • SIXPAD トレーニングマット
  • SIXPAD プッシュアップバー

を導入してみては如何でしょうか?

トレーニングの第一歩を踏み出したい人は

  • シックスパッド シリーズ

を使ってい筋トレに対する意識を高めましょう。

最後に

  • SIXPAD エクササイズバンド

トレーニングバンドを買いましょう・・・

今回レビューした商品以外にもMTGからは魅力のある製品が販売されています。購入したらレビューを行っていきたい。同時にMTG社にはさらなる商品開発を期待します。

ご覧いただきありがとうございました。他にも商品レビューを行っています。ご覧いただけると幸いです。⇒宗蔵ライフ商品レビュー一覧

宗蔵ライフー週刊セミリタイア⇒トップページへ

-生活改善