100均アイテム

【ダイソー キッチンスケール】安価で購入できる電子計量器。タニタ製との比較

2022年9月4日

レビュー商品の重量測定を行うために、安価な電子計量器を探していたところ、ダイソーで販売しているキッチンスケールに出会いました。

これがなかなか良い品で

  • キッチンで調味料の計量
  • 郵送物の重量確認
  • 商品レビューの重量測定

などに使えます。

総評としては

  • 非常に軽くてコンパクト
  • 安っぽさもあるが値段相応
  • 精密測定を必要としなければOK
  • 安価な電子計量器が必要な方にオススメ

といった感じです。

タニタ製とスペック比較を行っても、十分に購入する価値があると言えます。安価な電子計量器をお探しの方は是非ご覧ください。

郵便物の測定・メルカリなどのフリマで大活躍

私は料理は全くやりません。しかし、郵便物や配送品の重量測定で活躍してくれます。

各配送サービスには重量制限が設けられています。サイズ的にはかなり余裕を設けて設定されているのですが、たま~に『大丈夫かコレ?』って経験ありませんか。そんな時にも使えます。

郵便物の測定に

例えば定形郵便物

  • 重量25g以内 84円
  • 重量50g以内 94円

となっている。

上記画像の郵便物だと94円分の切手が必要だと分かります。

メルカリやラクマ・paypayフリマで

メルカリ便を例に挙げると

  • ネコポス      1.0kgまで
  • ゆうパケットポスト 2.0kgまで

となっています。

このサイズで重量を超えることは珍しいとは思います。ですが、商品の重量が不明で『なんか重いな(汗)』という事態に陥ったときに計測できるのは便利ですね。

価格・購入場所・基本情報

  • ダイソーで購入可能
  • キッチンコーナーに置いてあります
  • 価格は税込み1,100円
  • 白いボディで清潔感あり
  • 素材はプラスチック
  • ダイソー製ではない

全国のダイソーで購入が可能です。ダイソーで販売されていますが、製造元はサイバートレーディング株式会社となっています。

白いボディで清潔感があります。無印良品などのアイテムとも相性が良さそう。本体はABS樹脂。プラスチック製なので少し頼りない感じがしますが、【軽くて小さい】を備えたアイテムです。

本体サイズと重量

本体の寸法

  • 横幅 11.5cm
  • 奥行 17.0cm
  • 高さ  2.6cm

天板の寸法(枠ぶちを含む)

  • 横幅 11.1cm
  • 奥行 11.1cm

重量は

  • 重さ 約200g

となっています。※測定誤差はご了承ください。

最小重量と最大重量・計測誤差と計測精度はどれくらい?

  • 最小3g、最大3,000gまでの測定が可能
  • オートオフ機能付き
  • 追加計量機能機付き
  • リチウム電池1個使用

計量機能と計量の精度について

計量機能は

  • 最小値3g
  • 最大値3,000g
  • 3~750gまでは1g単位で表示可能
  • 751~3,000gまでは2g単位で表示

となっています。

また、

  • 750gまでは±2g
  • 751gからは±6g

誤差が生じる場合があります。

精密計量が必要な方には不向きとなっています。ご注意ください。

追加計量機能付き

追加計量とは

      

例えば、計量物に器が必要な場合。

そのまま計量すると、器の重量が加わってしまいます。これは不便ですね。

      

右下の0表示ボタンを押すことで0表示となります。

器の重量を差し引いてくれます。この0表示機能が非常に便利です。

オートオフ機能があるので安心

    

消し忘れ防止にオートオフ機能が付いています。嬉しい機能です

60秒間使用しないとOFFとなります。

この60秒をどう捉えるかですね。省エネの観点で見れば優れています。ただ、作業内容によっては短いと感じるかもしれません。

電源はリチウム電池1個を使用

リチウム電池を1個使用します。CR2032を使用。

リチウム電池は試供品が付いています。購入後すぐに使用可能。予備が必要ならCR2032電池も100均で購入可能です。

計量機能と計量誤差の実践

まずはテスト。3g以上から計測と書いてあります。どうでしょうか?

1万円札で10g以下の計量テスト実施

1万円札を使ってテストします。1万円札は1gとされています。参考:日本銀行

説明書には3gから計量となっています。1万円札3枚から測定できるはず。とりあえず1枚乗せます。反応しないのでしょうか。

1万円札1枚

1万円札1枚

あれ?1gで計測できてしまいました。追加で乗せてみます。

1万円札2枚と3枚

3gからのはずですが、2gでも普通に計量できてしまいます。

1万円札10枚

1万円札10枚で10g問題ないですね。

※2g以下も計量できましたが、公式では3g以上からとされています。ご了承ください。

30g以下での計量テストを実施

   

次に、愛用しているワイヤレスイヤホンを測定してみました。

イヤホン

  • 公式発表 4g
  • 実測値  4g
  • 誤差 0g

ケース

  • 公式発表 28g
  • 実測値  28g
  • 誤差    0g

イヤホン、本体ともに公式発表と変わらない重量です。なかなかの精度ですね。

150g以下の軽量テスト

次は重めの物を計ってみます。

左/電源

  • 公式発表 45.3g
  • 実測値  47.0g
  • 誤差   +1.7g

右/スマホ

  • 公式発表 129g
  • 実測値  129g
  • 誤差    0g

   

電源の計測で1.7gの誤差が出ました。

  • 電源は新品ではない
  • 測定誤差は±2gとされている

この2点を考慮すると計測機能は十分と言えます。

繰り返し制度

  

次は繰り返し制度のテストです。同じ製品を10回計測しました。

  • 72g表示 9回
  • 71g表示 1回

10回測定で1度だけ1g少なく計測されました。

価格を考えると、繰り返し制度は安定してると言えます。

ダイソー キッチンスケールのメリット

  • 安価で手に入る
  • コンパクトなサイズ
  • 視認性が良い

安価で購入可能

ダイソーで1,100円の製品は高く感じるかもしれません。

しかし、他社製品と比較すると十分に安価であることが分かります。最低限の機能も有しており、普段使いには十分な性能です。

コンパクトサイズなのでスペースを取らない

コンパクトサイズならではの利点があります。

  • 省スペースで使用できる
  • 保管スペースを必要としない

この2点です。

この製品なら、使用スペースや保管場所に悩む心配はないでしょう。

デジタル式で視認性が良い

税込み1,100円と安価ながらデジタル表示となっている。

針測定と違って正面から見る必要がない。視認性が優れています。

ダイソー キッチンスケールのデメリット

  • コンパクトであること
  • ボタンは固くて押しづらい
  • 滑り止めは機能しない
  • 測定幅が狭い
  • 精度が微妙
  • 単位が1gである

欠点はありますが、値段を考慮すると全て許容範囲です。

小さいがゆえに大きなものを計りづらい

コンパクトゆえに大きなものは測りづらい。

  • 大きな器を使用する方
  • 私のような商品レビューで使う方

などは不十分な場面もあると思います。

ボタンが固くて押しづらい

  • ON/OFFボタン
  • 0表示ボタン

どちらも固くて押しづらいです。

滑り止めは機能していない

  

滑り止めは全く機能していません。指で押して簡単に動いてしまいます。

滑り止めの摩擦を全く感じません。無いに等しいですね。一か所だけ抵抗があるので、当たり外れがあるのかもしれません。そうだとしたら、私のはハズレです(涙)

測定幅が狭い

測定幅が狭いです。

最小3g~最大3,000gとなっています。微量物や重量物を測定することが出来ません。

測定精度が微妙

  • 750gまでは±2g
  • 751gからは±6g

作業内容によっては、この誤差は致命的です。

精度が必要な方は別の製品を購入しましょう。

単位が1gとなっている

1g未満が表示されない。

最小単位が1gとなっている。精密な測定を行うことはできない。

デメリットは許容範囲

欠点を羅列しましたが、価格を考慮すれば許容範囲です。

後述するタニタ製との比較がそれを物語っています。

タニタ製 キッチンスケールとの比較

   

健康器具で有名なタニタからもキッチンスケールは販売されています。

こちらと比較すると

比較項目ダイソータニタ
価格1,100円1,300円
重量200g205g
測定範囲3g~3,000g1g~1,000g
本体サイズ横幅 11.5cm
奥行 17.0cm
高さ  2.6cm
横幅 10.2cm
横幅 17.0cm
高さ  2.7cm
天板サイズ横幅 11.1cm
奥行 11.1cm
横幅 12.0cm
奥行 12.0cm
測定単位750g以下1g / 751以上2g1g
計量制度750gまで±2g
751g以上6g
250gまで±2g
251g以上±3g
オートオフ機能60秒360秒
電源リチウム電池1個アルカリ単4電池2本
タニタ製の価格はAmazon調べ

スペック比較だけするとダイソーの製品は全く負けていません。

  • 価格
  • 測定範囲
  • 測定誤差

はスペック的には上回っています。

サイズはほぼ変わらない。タニタ製を意識したのか?というくらい違いがない。電源の電池は好みによるでしょう。100均の電池を使う前提ならタニタ製の方が安上がりです。

※あくまで公式発表のスペック比較です。ご了承ください。

信頼性や使い勝手はタニタが上

Amazon公式より引用

使い勝手や信頼性はタニタ製の方が上です。

タニタ製は吊るせる設計となっています。縦置きが可能と言うことになります。ダイソー製は縦置きなどについては説明書には記載されていません。基本的に測定機器は使用する向きで保管するものです。安心して縦置きができるタニタ製は優れています。

質感もタニタ製の方が上です。ダイソー製はオモチャのような安っぽい質感となっています。

ダイソーキッチンスケールはオススメ

デメリットを挙げたりと辛口評価した点もありますが、十分にお勧めできる品です。

  • 価格は税込み1,100円
  • タニタ製にも劣らぬスペック
  • 省スペースで使用可能
  • 軽量物の測定精度は高い
  • 繰り返し制度は高い

安価な電子計量器をお求めの方は是非ご検討ください。

ご覧いただきありがとうございました。他にも商品レビューを行っています。ご覧いただけると幸いです。⇒宗蔵ライフ商品レビュー一覧

宗蔵ライフー週刊セミリタイア⇒トップページへ

-100均アイテム